ハンドリームネット、L2スイッチでウイルスを封じ込める機器発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンドリームネット、L2スイッチでウイルスを封じ込める機器発売


掲載日:2014/02/06


News

 ハンドリームネット株式会社は、ウイルスの拡散を防止するセキュリティアプライアンス「SubGate」の新版「SG2100」シリーズを発売した。

 「SubGate」は、L2(レイヤ2)スイッチ機能を搭載していて、クライアントに最も近いLANスイッチで疑わしいクライアントを自動的に遮断することで、LAN内のウイルス拡散や、感染したクライアント経由での情報漏洩を防止できる。

 検知テクノロジーは、L4トラフィックの振る舞い検知型で、シグネチャやパターンファイルに非依存なので、ゼロデイ攻撃でも感染の拡大を抑制でき、情報漏洩の前兆であるスキャニングや、情報取得や盗聴に使われるARPスプーフィングなどを遮断できる。また、通常のLANスイッチと同様に簡単に導入でき、検知/分析/遮断/解除は自動で行なわれ、面倒な設定や運用管理が不要。

 今回の新版では、PoE(Power over Ethernet)の1ポートあたりの給電能力が30Wに向上したほか、アップリングポートのスピードが10Gに向上した。Ethernetポート数やVoIP/無線アクセスポイントへの対応の有無により、全部で6モデルが用意されている。


出荷日・発売日 2014年2月5日 発売
価格 −−−

「ハンドリームネット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【Jiransoft Japan】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053464


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ