ラネクシー、画像処理SDK日本語版の新版でOCR機能などを改良

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラネクシー、画像処理SDK日本語版の新版でOCR機能などを改良


掲載日:2014/02/06


News

 株式会社ラネクシーは、米国Accusoftが開発した画像処理ソフトウェア開発キット(SDK)の新版「ImageGear for .NET v21 日本語版」「DICOMGEAR for .NET v21 日本語版」を発売した。価格はそれぞれ、41万9900円、55万9900円。

 「ImageGear for .NET SDK」は、画像処理/スキャニング/ファイル圧縮/バーコード読み込み/OCR/アノテーション/印刷などの機能をアプリケーションに付加するためのツールを開発者に提供する。

 今回の新版では、DLL 32ビット版に搭載されたOCR機能が改良され、欧米語で48%、アジア語で69%認識率が向上しているほか、DLL 64ビットでもOCR機能を利用できるようになった。また、ASP.NETコントロールが改良されたことで、Office書類をスケーラブルなSVGフォーマットで閲覧できるほか、新しいPDF/PSフォーマットへの対応や、Office Open XML PowerPointファイルのレンダリングの向上、グローバル背景画像/ラインチャート/散布図/PowerPointシェイプへの対応など、様々な機能強化が行なわれている。

 「DICOMGEAR for .NET v21 日本語版」では、追加されたエンコーディングで特定のストリング値をデコードするためのメタデータAPIが拡張された。


出荷日・発売日 2014年2月5日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ 【CA Technologies】 システム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」 【第一コンピュータリソース】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果 【日本アイ・ビー・エム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
銀行法改正で金融のAPI活用は加速必至、他業種も“待ったなし”の理由は APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ システム開発における要件定義、外部・内部設計などシステムの設計を行う専用ツール。ドキュメントごとに専用インタフェースが用意されており効率よく設計作業を行える。 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 「FinTech」の最前線、住信SBIネット銀行がAPI公開で得た効果

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053462


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ