KDDI研究所、自動で伏せ字変換できる個人情報検出ツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI研究所、自動で伏せ字変換できる個人情報検出ツールを発売


掲載日:2014/02/05


News

 株式会社KDDI研究所は、Webサイトに投稿されたコンテンツの中から個人情報に該当する個所を検出し、管理者の目視による除去作業の効率化を支援する、個人情報検出ツールを2月に発売する。

 今回発売されるツールは、テキストに含まれる個人情報を自動判定し、検出した個人情報を伏せ字に自動変換するため、目視確認作業の迅速化を図れる。SNSや掲示板などの書き込み内容チェック作業の効率化によるコスト削減や、チェック対象の規模拡大を図れる。

 対象のテキストデータを同ツールにアップロードすることで、“住所”“一般的な氏名”“電話番号”“メールアドレス”“日時”などの自動検出が行なわれ、Webブラウザ上に自動判定結果と伏せ字処理結果が1件ずつ表示される。

 1分間に1200件の投稿から個人情報を検出/変換でき、個人情報該当個所の検出精度は約94%(氏名を含まない場合は100%)。ボタン操作で1投稿ごとの確認作業を進められ、1投稿の目視チェックを10秒程度で行なえる。また、単語登録機能を搭載し、個人情報以外のキーワード検出も行なえる。

 別途、希望のサーバOS/ブラウザへの適用や、業務フローに合わせたGUI仕様変更、識別対象の追加などのカスタマイズにも対応できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

Office 365+Windows 10でセキュリティをレベルアップ 【日本マイクロソフト】 Web Security Gateway(旧 Web Filter) 【バラクーダネットワークスジャパン】 サイトアンパイア 【アルプス システム インテグレーション+他】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】 InterSafe MobileSecurity 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
標的型攻撃が 7倍に急増!…で 狙われる公共・教育・医療機関 コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。 ルータ一体型のURLフィルタリングサービス。ルータでの一括設定/管理で、運用の手間やコストを削減。簡単な設定と分かりやすいカテゴリで中小規模オフィスに最適。 クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏洩を防止
Web閲覧やアプリ利用、社内アクセスまで一括制御できる、専用アプリ不要のスマートデバイス向け統合セキュリティサービス。Safariがそのまま使え既存システムに影響なし。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053442


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ