CTC、DBの稼働状況を診断/解析するアドバイザリーサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、DBの稼働状況を診断/解析するアドバイザリーサービス提供


掲載日:2014/02/04


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、DBの稼働状況を診断/解析し、検索や更新などの性能上の課題に対処するサービス「高度解析アドバイザリーサービス」の提供を開始した。価格は100万円から。

 「高度解析アドバイザリーサービス」では、日本エクセム株式会社のDBプロファイリングツール「MaxGauge」を用い、DB内部の情報をリアルタイムで網羅的に取得することで、稼働状況を可視化できる。トランザクションの待機状況や、遅延などを早期に検知することで、障害の予知や、障害時の迅速な対応を支援する。DBに負荷を掛けずに各種の情報を取得できるため、提供中のサービスへの影響を抑えられる。


出荷日・発売日 −−−
価格 100万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? 【Cylance Japan】 サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム 【ニューロベイス】 SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは? 【データコア・ソフトウェア】 2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン 【トレンドマイクロ】 「現場」の長時間労働削減 すぐに始められる改善法の正体 【インターコム】
アンチウイルス 開発ツール 垂直統合型システム 検疫 その他スマートデバイス関連
防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? サイトもアプリも、IoT時代のサービス開発を高速化できるWebプラットフォーム SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは? 2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン 「現場」の長時間労働削減 すぐに始められる改善法の正体

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053418


IT・IT製品TOP > 運用管理 > パフォーマンス診断 > パフォーマンス診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ