日本HP、タブレットを固定POS端末として活用できる拡張機器発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、タブレットを固定POS端末として活用できる拡張機器発売


掲載日:2014/02/03


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、法人向けWindows 8タブレット「HP ElitePad 900」専用の、POS端末向けドッキングステーション「HP ElitePad リテールドック」を1月30日から順次発売する。同社のオンラインストア“HP Directplus”での価格は3万9900円(税込)。

 「HP ElitePad リテールドック」は、「HP ElitePad 900」と専用オプション「HP ElitePad リテールジャケット」をあわせて活用することで、モバイルPOS端末としての利点はそのまま、レシート印刷やレジ会計機能などの従来型の固定式POSの機能を提供する。必要に応じてタブレット部分を着脱して使用できるため、特設会場や臨時店舗で、移動しながらの決済など、機動性の高い決済用途に利用できるほか、一体型として自動釣銭機やディスプレイなどと接続した店舗業務など、より多目的で多用途な店舗運営を図れる。

 高い拡張性を備え、シリアルポート×4、Powered USBポート(24V×1、12V×2)、RJ-45(Ethernet)ポートを介して、店舗内の既存POS周辺機器と接続できる。デュアルヒンジを採用したことで、画面の角度と高さを調節でき、設置場所や姿勢を問わず、快適な使い勝手を提供する。幅265mm×奥行き224.2mm×高さ337.22mm/重さ約3kg(パワーサプライ/電源コード含む)と省スペースで、コンパクトに設置できるため、スペースに限りがある店舗内でも設置できる。

 「HP ElitePad 900」と「HP ElitePad リテールジャケット」を、鍵を利用したロック、セキュリティロックケーブルを利用したロック、カウンター天盤へのねじ止めと、3重に固定できる。また、「HP ElitePad 900」を装着することで、店舗内や運営本部の既存ITシステムとシームレスに連携でき、在庫管理やCRMシステムへのアクセスを行なえる。

 同社では、「HP ElitePad リテールドック」「HP ElitePad 900」「HP ElitePad リテールジャケット」の3製品を、それぞれのラインアップから用途に適した構成で組み合わせて活用する「HP MX10 リテールソリューション」として展開する。また、同ソリューションを対象にした、最長5年の有償訪問修理サービス「HP Care Pack ハードウェアオンサイト POSソリューション」も提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053385


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ