NTT Com、VPN接続などを使えるVPC型パブリッククラウドを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、VPN接続などを使えるVPC型パブリッククラウドを提供


掲載日:2014/01/30


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloud(n)」で、VPNなどの安全なネットワークと接続された仮想サーバ環境を廉価に利用できる「Compute(VPCタイプ)」(VPC:Virtual Private Cloud)の提供を開始した。

 「Compute(VPCタイプ)」では、インターネットVPNやIP-VPN「Arcstar Universal One」と接続されたプライベートネットワークセグメントに、仮想サーバを構築できる。仮想サーバから各種ネットワークへの即時接続や拡張が可能で、利用帯域やトラフィック量にかかわらず定額で利用できる。

 インターネットVPNと接続できる「Compute(VPCタイプ OpenNW)」と、「Arcstar Universal One」と接続できる「Compute(VPCタイプ ClosedNW)」が用意されている。用途に合わせて、安全なWebシステムやイントラシステムを即時に構築し、利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

カスタマーファーストの時代にパソナが選んだ理想のITプラットフォームとは? 【セールスフォース・ドットコム】 オンプレのVMware環境を丸ごと移行――戸田建設が挑むシステムの完全クラウド化 【インターネットイニシアティブ】 仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 「コンテナ環境でマイクロサービスを実現したい」環境整備はどうする? 【日本アイ・ビー・エム】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
カスタマーファーストの時代にパソナが選んだ理想のITプラットフォームとは? オンプレのVMware環境を丸ごと移行――戸田建設が挑むシステムの完全クラウド化 仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する 企業がデータやアプリケーションをクラウド化したいと思いながらも動き出せない理由にはある共通点があった。その共有の課題を解決する新しいクラウドサービスを紹介する。 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053354


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ