ミライト情報システム、単体で演算できる通行人数計測センサ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ミライト情報システム、単体で演算できる通行人数計測センサ発売


掲載日:2014/01/30


News

 株式会社ミライト情報システムは、カメラ単体で人の流れを計測できる人流センサ「みるカウント」を2月1日に発売する。

 「みるカウント」では、カメラ画像を内蔵プロセッサで演算処理することで人を認識し、通行人数データを計測できる。電源をACアダプタまたはPoE(オプション)で供給することで単独動作し、集計された計測結果をLANを通じてWebブラウザで確認できるため、処理用サーバが不要で、手軽に導入できる。

 駅/空港/図書館/公共施設/小売店/商店街/イベント会場/商業施設など、屋外での計測にも対応できる。解像度320×240ドット/毎秒1フレームのカラーのライブ映像をモニタリングできる。また、APIが公開されていて、人流センシングを入力にしたソリューション開発にも対応できる。価格は20万円程度に抑えられている。


出荷日・発売日 2014年2月1日 発売
価格 20万円程度

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053350


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ