iPC、地図システム開発キットで詳細地図を充実させた新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


iPC、地図システム開発キットで詳細地図を充実させた新版を発売


掲載日:2014/01/28


News

 インクリメントP株式会社(iPC)は、業務用地図システム開発キット「MapDK5(マップディーケー・ファイブ)」に、NTT空間情報株式会社の「GEOSPACE電子地図」のデータを搭載した新バージョン「MapDK5G」を発売した。

 「MapDK5」は、同社のデジタル地図とルート検索エンジンを搭載した地図システム開発キット。スタンドアローン環境で動作する地図システムを開発でき、物流/施設管理/商圏分析など、様々な位置情報関連システムの開発に利用できる。

 「GEOSPACE電子地図データ」は、都市計画図や森林基本図などの公共測量成果物をベースに作られた高精度な電子地図データで、日本全国の建物の形や道路、地形が地図上に正確に表現されている。

 今回発売された「MapDK5G」は、通常版の「MapDK5」に比べ詳細地図の収録エリアが広がり、山間部や地方都市周辺までを詳細地図で確認できる。収録エリア比は通常版の約4倍になった。地図情報は定期的に更新される。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

FileMaker プラットフォーム 【ソフトバンク コマース&サービス】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは? 【ファイルメーカー】 定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
PCやモバイルに対応した業務アプリケーションを、プログラミング不要で作成することができるツール。企業の業務効率化に大きく貢献する。 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) 自主開発アプリでiPad活用。生産性が向上、武蔵野が選んだ高速開発の手法とは? サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053265


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ