東芝、OCZのSSD事業に関する資産譲渡取引の完了を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、OCZのSSD事業に関する資産譲渡取引の完了を発表


掲載日:2014/01/27


News

 株式会社東芝は、リテールやデータセンタ向けのSSD事業を強化するために、米OCZテクノロジー社(OCZ)と2013年12月に締結した同社のSSD事業に関する資産譲渡契約に基づき、その資産取引を完了したと発表した。

 OCZのSSD事業に関する技術開発資産、知的財産、製品、販売網を取得し、東芝のグループ内に“OCZストレージソリューション”を新会社として位置付けるとしている。同社のNAND型フラッシュメモリの技術と、OCZのリテールやデータセンタ用途SSDを組み合わせることで、SSD事業の競争力を強化していくという。

 同社はOCZが12月に米連邦破産法11章に基づく申立てを行なった破産裁判所から、1月16日に買収者として承認され、その後、同社とOCZは協議を重ね、資産譲渡取引が完了したとしている。

 同社によると、ストレージ市場では、薄型軽量化が進むノートPC、タブレットに加え、クラウドサービスの普及によりデータセンタ向けのニーズが高まっている。同社は、先端の微細化技術を持つNAND型フラッシュメモリと高速化・大容量化を続けるSSD、HDDの事業を手掛けるメーカーとして、今後も顧客ニーズに応えるストレージ製品を展開していくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】 機械学習で高精度な検知&隔離、モスフードサービスの次世代マルウェア対策とは 【日立ソリューションズ】 「働き方改革」と「Web会議」に関するアンケート 【レノボ・ジャパン】 万が一に備える――紛失やのぞき見からPCを守る方法 【レノボ・ジャパン株式会社】 現場の負担なくFAX受注をクラウド化、受注業務を効率化するシステムの効果とは 【エディックワークス】
帳票管理システム アンチウイルス Web会議 フィルタリング FAXサービス
国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。 機械学習で高精度な検知&隔離、モスフードサービスの次世代マルウェア対策とは 「ThinkPad X280」が当たる:働き方改革とWeb会議に関するアンケート 万が一に備える――紛失やのぞき見からPCを守る方法 現場の負担なくFAX受注をクラウド化、受注業務を効率化するシステムの効果とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053245



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ