CST、仮想化/物理環境の管理ツールの新版で監視設定などを拡張

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CST、仮想化/物理環境の管理ツールの新版で監視設定などを拡張


掲載日:2014/01/24


News

 株式会社クラウド・スコープ・テクノロジーズ(CST)は、仮想化環境と物理環境を同時に監視/管理するツールの新バージョン「MoonWalker ver.3.1」をリリースした。価格は500万円から。

 「MoonWalker」は、サーバ機器やネットワーク機器などの構成情報/障害情報/統計情報を一元的に管理/監視する統合運用監視ツール。

 今回の新バージョンでは、大規模にシステムを監視/管理しているユーザの運用負荷を軽減できる機能拡張が行なわれた。計画工事終了後のイベント再通知機能や、複数の監視データから計算式を利用して監視指標を作成する機能、監視対象ノード/監視設定のコピー機能、トラップ情報詳細に含まれるトラップの内容をイベントに表示する機能、“ノード監視設定”でテンプレート化されていない個別監視項目を追加する機能、監視指標の閾値設定で指定範囲に値が入った場合に障害検知する機能、計画工事設定のコピー機能が拡張された。

 また、プラットフォームOSに最適化した処理構成に変更したことで、クライアントの起動時や編集時の操作性が向上した。


出荷日・発売日 −−−
価格 500万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 オンプレ環境をクラウドのようにスケールアップ――インフラコスト削減の秘訣 【日本ヒューレット・パッカード】 システムが大きくなってもお財布に優しいジョブ管理ツールはないだろうか? 【ヴィンクス】 インテル Xeonプロセッサー E5-2600 v4製品ファミリー 【インテル】 従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは? 【ヴイエムウェア株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 急な需要にも対応 オンプレミス環境をパブリッククラウドのように利用 高機能なジョブ管理ツールを使い続けたくても保守料が重荷になる。使い勝手を妥協しない製品にリプレースしてコストも抑える、というのは理想論なのだろうか。 データセンター変革を実現する技術とは? 2wayサーバ向けプロセッサを徹底解剖 従来の手法は通用しない? Windows 10を最大限に活かす“プラスワン”とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053233


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ