サードウェーブデジノス、Xeon E5採用高性能デスクトップPC発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェーブデジノス、Xeon E5採用高性能デスクトップPC発売


掲載日:2014/01/24


News

 株式会社サードウェーブデジノスは、ワークステーション(WS)向けCPUのXeon E5プロセッサと、プロフェッショナル向け「NVIDIA Quadro」「AMD FirePro」などの高性能グラフィックスカードを搭載し、3DCG製作やCAD業務に適した高性能デスクトップPC「Raytrek IV-X」シリーズを発売した。

 「Raytrek IV-X」シリーズは、Xeon E5プロセッサを搭載したことで、巨大な3Dモデルのレンダリング作業や、膨大なデータ量の科学技術演算などの用途でも、優れた処理速度を達成している。同CPUは、インテル・ハイパースレッディング・テクノロジーと合わせて、最大16スレッドの同時並行処理を行なえるため、サーバ用途に加え、マルチスレッド処理に最適化された3DCG制作用アプリケーションなどで、高い演算能力を発揮するほか、電力効率が向上していて、高負荷状態で長時間稼働し続ける用途で電力消費を低く抑えられ、ワットパフォーマンスに優れている。

 グラフィックスカードに、NVIDIA QuadroシリーズやAMD FireProシリーズに加え、NVIDIA GeForce GTXシリーズを搭載したモデルも用意されていて、用途やアプリケーションに合わせて選択できる。各シリーズのハイエンドモデルもラインアップに加えられていて、優れた性能を求めるシビアなユーザにも対応する。

 優れた安定性や耐久性を備えるために、使用するパーツの品質にこだわっていて、マザーボードには高品質のASUS製のWS向けを、メモリにはCentury Micro製の日本国内生産品を、電源には故障率が低いAcBel製や、高品質電源のSeasonic製など、市場で高く評価されているパーツを選択して採用している。また、国内工場で丹念に組立てられ、厳格な出荷前テスト各種を経て、出荷される。

 PCケースなど一般用途向けPCと共用できる部品はできるだけ共用することでコストを抑え、導入しやすい価格設定を行なっていると同時に、一般的なデスクトップPCと変わらない筐体サイズで、高性能WSながら、普通のPCと同じ感覚で机の上や足元に設置できる省スペース性も兼ね備えている。また、SSDやHDD、メモリの追加といった内部パーツのカスタマイズを行なえるほか、操作性を向上させられる高性能マウスやキーボードなどの周辺機器、設置する際に必要なLANケーブルなどの各種サプライ品も本体と同時に購入できる。


出荷日・発売日 2014年1月23日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053231


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ