SEI、文書管理/情報共有の新版でメール取込機能などを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SEI、文書管理/情報共有の新版でメール取込機能などを追加


掲載日:2014/01/22


News

 住友電工情報システム株式会社(SEI)は、文書管理/情報共有システムの新版「楽々Document Plus Ver.3.3」を発売した。

 「楽々Document Plus」では、企業内に分散する文書やデータを閲覧/登録/保存/管理し、必要に応じてすぐに取り出せる。ISO文書管理や複合機連携による紙文書活用が可能で、タブレットなどのスマートデバイスでも利用できる。

 今回の新版では、メールの取込機能が追加され、「楽々Document Plus」へメールを送信することで、“件名”“内容”“添付ファイル”を1つの文書単位として登録できる。振分条件を事前に設定することで、メールの“To”“From”“件名”などに応じて、登録先のフォルダを振り分けられる。検索エンジン「QuickSolution」が標準搭載されていて、メール本文に加え添付ファイルも検索でき、メールを利用した日々の報告を管理し、蓄積/活用できる。

 利用者ごとに、頻繁に閲覧するフォルダや文書を“お気に入り”として登録できる。登録されたフォルダや文書は、画面左側上部に『お気に入りフォルダ』『お気に入り文書』として表示されるため、深い階層域に登録されているフォルダや、よく利用する文書をクリック操作で表示できる。また、各フォルダの上層に位置するキャビネットから属性検索する際、従来の4項目“文書番号”“所属グループ”“作成者”“タイトル”に加え、キャビネット配下の複数のフォルダをまたぐ任意の属性項目を検索キーにして検索できる。

 登録済みの文書の属性を、CSVファイルを用いて一括更新できる。また、日々の操作ログ(アクセスログ)をテキストファイルで出力できるほか、DBに蓄積し、管理者画面から閲覧できる。


出荷日・発売日 2014年1月21日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 PDF文書管理 「DOCUMENT MARK」 【クラウドテクノロジーズ】 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 企業内の情報資産をPDF化し、安全に保管できるプラットフォームと、活用しやすい機能(管理や分類の自動化/高度な検索等)を提供するソリューション。 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053167


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ