アイマトリックス、メールセキュリティの新版で機能を向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイマトリックス、メールセキュリティの新版で機能を向上


掲載日:2014/01/16


News

 アイマトリックス株式会社は、機能を向上させたメールセキュリティソリューション「マトリックススキャンAPEX III」を発売した。

 「マトリックススキャンAPEX III」では、日本特化型/グローバルの両方のスパムDBの多重分析を行なえる。標的型スパムにも柔軟に対応するために、コンテンツフィルタやクラウド型スパム検出エンジン“msec v2”を搭載し、個々のユーザ環境に合わせたスパム対策を提供でき、スパム検出率も向上している。

 従来はオプション機能だった「Command AVアンチウイルス」を標準搭載したことで、高速/高信頼/高性能なアンチウイルスと、他のアンチウイルスオプションを組み合わせたリアルタイム多重スキャンに対応し、メール経由で感染するウイルスの侵入を防げる。

 製品ラインアップに仮想アプライアンスが追加され、仮想基盤を所有するユーザ環境では物理デバイスを追加せずに容易に導入できる。

 価格は、39万5000円からで、仮想アプライアンスは10万7500円から。


出荷日・発売日 2014年1月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

身代金要求型から破壊活動型へ、進化するランサムウェアへの効率的な対策 【マカフィー】 脅威の侵入口となりやすいエンドポイント、その保護に機械学習が必要な理由 【マカフィー】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 【トレンドマイクロ】 5つの事例から見る「データ流出」のリスクを最小化する包括的なデータ保護機能 【マカフィー】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
身代金要求型から破壊活動型へ、進化するランサムウェアへの効率的な対策 脅威の侵入口となりやすいエンドポイント、その保護に機械学習が必要な理由 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 5つの事例から見る「データ流出」のリスクを最小化する包括的なデータ保護機能

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053082


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ