ネットワールド、クラウド事業者向けSDN管理ソフトの新版を発売

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワールド、クラウド事業者向けSDN管理ソフトの新版を発売


掲載日:2014/01/16


News

 株式会社ネットワールドは、クラウド(IaaS)事業者向けに、ソフトウェアでネットワークを柔軟に構成/制御する“Software-Defined Networking”(SDN)を構築できる管理ソフトウェアの新版「Anuta nCloudX 2.0」を発売した。

 「Anuta nCloudX」は、米Anuta Networksの製品で、スイッチやルータ、負荷分散機器、ファイアウォールなどの既存のネットワーク機器をそのまま使える。グラフィカルな画面でネットワーク機器を抽象化したアイコンを利用し、ネットワークサービスを設計してカタログ化できる。クラウド利用者が、業界標準のネットワーク技術“REST API”を使って、カタログから選んだサービスを指定すると、それを提供するための各種ネットワーク機器の設定が自動的に実行される。

 今回の新版では、対応するネットワーク機器が拡充され、ジュニパーネットワークスの「Juniper SRX」や、F5ネットワークスの「BIG-IP Local Traffic Manager(物理/仮想双方)」「VIPRION」、ブロケード コミュニケーションズ システムズの「Brocade MLX/VDX」などに対応した。また、連携可能なクラウドプラットフォームとして、従来の「VMware vCloud Director」のほかに、オープンソースの「CloudStack」と「OpenStack」が加わった。

 新機能“テンプレートスクリプト機能”では、新しいスイッチの追加や、スイッチの新設/初期構成時に、スクリプトが実行され、自動で構成される。また、IPアドレスをプールグループやプールとして管理できる機能も備えている。

 “サービスオーダーワークフロー機能”では、サービスの情報を入力し、プロビジョニングポリシー(論理的なネットワーク構成図)とセキュリティポリシー、QoSポリシーを選択することで、管理者が承認すればネットワークが自動的に構成される。

 “動的サービスプロビジョニング機能”では、ロードバランサの仮想ホストなど、サービスを動的に変更できるサービス構成が可能になる。


出荷日・発売日 2014年1月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053075


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ