アール・アイ、集中管理型バックアップに専用クラウド環境を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アール・アイ、集中管理型バックアップに専用クラウド環境を追加


掲載日:2014/01/15


News

 株式会社アール・アイは、集中管理型バックアップソフト「Secure Back 4」に、専用クラウド環境へのバックアップが可能になるオプション機能“Secure Back クラウドオプション”を追加し、提供を開始した。価格は、1年間分の使用権が100GBで18万円、1TBで96万円。

 “Secure Back クラウドオプション”で提供されるバックアップ専用のクラウド環境は、同一システム内ではバックアップ以外の用途で使われることがなく、セキュリティポリシーの高い企業でも利用できる。

 「Secure Back 4」のユーザ(PC Packを除く)が利用でき、通信回線など専用設備の用意が不要。ユーザはオプションライセンスを購入することで、バックアップ専用クラウド環境とVPN接続し、購入した容量分のデータをバックアップできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1年間の使用権:100GBで18万円、1TBで96万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

4事例に学ぶ、リアルタイム分析を支えるDBレプリケーション 【クエスト・ソフトウェア】 数分で仮想マシンをリカバリー、新機能でバックアップ製品を強化 【ベリタステクノロジーズ】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
デルも認めたレプリケーション技術 ダウンタイムを劇的に短縮できた秘訣 クラウド対応はもう当然? 進化したバックアップの機能に迫る 日次バックアップを5時間から25分へ――コストにこだわるドン・キホーテの選択 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053037


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ