この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンITS、タイのIT企業を子会社化


掲載日:2014/01/15


News

 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、タイ国内におけるビジネスの拡大を目的に、タイのIT企業Material Automation(Thailand)Co.,Ltd.(MAT)の株式を取得したと発表した。

 キヤノンITSはキヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)のグループ企業であり、キヤノンMJグループは、5ヵ年計画“長期経営構想フェーズII”(2011年〜2015年)において、“Beyond CANON,Beyond JAPAN”を掲げ、“グローバルに展開するサービス事業会社化”を重点戦略の1つとして進めているという。

 キヤノンITSでは中国にてITソリューション事業を展開している佳能信息系統(上海)有限公司(キヤノンITS上海)に加え、2012年8月にCanon IT Solutions(Thailand)Co.,Ltd.(キヤノンITSタイランド)をタイ王国・バンコク市に、また同年11月にはCanon IT Solutions(Philippines),Inc.(キヤノンITSフィリピン)をフィリピン共和国に設立し、ITビジネスの幅を東南アジア圏へと広げてきたとしている。

 今回、東南アジアにおけるITサービス事業の体制強化を図るため、タイで20年以上の実績があり日系進出企業向けのITサービスを提供しているMATの株式を取得し子会社化したという。MATにはベトナムにも現地法人があり、今後も2015年のASEAN経済共同体(ASEAN Economic Community:AEC)発足を見据えて、タイを中心に近年成長が著しい東南アジア圏へのITビジネス拡大を推進していくと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 【日本ストラタステクノロジー】 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 【クオリティア】 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは? 【クオリティア】
ファイアウォール Web会議 サーバー仮想化 メールセキュリティ メールセキュリティ
未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20053028



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ