ネットマークス、オールインワン型サーバルーム製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットマークス、オールインワン型サーバルーム製品を発売


掲載日:2014/01/10


News

 株式会社ネットマークスは、高い事業継続性や省スペース化・省エネルギー化を図れるソリューション「マイクロサーバルームソリューション」と「コンテナ型ディザスタリカバリセンター」を1月に発売する。

 今回発売されるソリューションでは、空調システム・電源・消火システムなどを備えたシングルラックやコンテナに、同社が取り扱うサーバ・ストレージなどを組み合わせ、設計から運用までがワンストップで提供される。

 「マイクロサーバルームソリューション」は、空調設備・消火設備などの付帯設備を密閉型のシングルラックに一体化し、サーバやストレージなどを搭載したオールインワンパッケージ。シングルラックには、UPS(非常用電源)や空調ユニット、監視システム、温度・湿度監視センサ、消火システムなどを必要に応じて装備できるため、サーバルームと同様の環境を準備でき、省スペース化・省エネルギー化を図れる。これにより、比較的ITシステムの規模が小さいユーザでも、サーバルームと同様に運用管理を行なえる。また、密閉型なので、盗難防止・防塵対策にも適していて、工場内などにも設置できるほか、設計から運用までをワンストップで提供でき、サーバルームに比べ構築期間の短縮や運用管理コストの低減を図れ、迅速・低コストで業務システムに必要なIT基盤を立ち上げられる。

 同ソリューションを活用した仮想基盤パッケージやVDIパッケージが提供されるほか、自治体や文教、製造業、建設業などのユーザ向けに特化したパッケージの提供も予定されている。

 「コンテナ型ディザスタリカバリセンター」は、シングルラックと同様にデータセンタに必要な付帯設備を一体化した屋外設置用のコンテナ型データセンタ。要件に応じた耐震設計・防火仕様・セキュリティシステム・監視システム・消火システムを装備でき、コンテナ設置からIT基盤の構築までがワンストップで提供されるため、短期間で構築・稼働できる。コンテナ型なので敷地内の空きスペースに設置できる上、通常時のデータ複製はLAN接続のみで行なえるため、新しい回線契約は不要で、コスト低減を図れる。また、堅牢なコンテナでIT資産を保護でき、災害時には必要なサーバやネットワーク機器、電源を確保できるため、事業継続性向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052995


IT・IT製品TOP > データセンター > その他データセンター関連 > その他データセンター関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ