日本HP、リモートデスクトップ向けカートリッジサーバなどを発売

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、リモートデスクトップ向けカートリッジサーバなどを発売


掲載日:2014/01/10


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、省電力/省スペースの“Software Defined Server”「HP Moonshot System」のラインアップを拡充し、リモートデスクトップ向けの「HP ProLiant m700 サーバーカートリッジ」とWeb/データ分析向け「HP ProLiant m300 サーバーカートリッジ」を発売した。また、リモートクライアント環境に適したシンクライアント「HP t620 Thin Client」を発売した。

 「HP Moonshot System」は、ターゲットアプリケーションの特性に合わせたスペックのカートリッジを、4.3uのシャーシに最大45枚収容できるシステム基盤。

 今回発売された「HP ProLiant m700」は、GPUを統合したAMD Opteron X2150 APUプロセッサを4基、ECC対応DDR3 SO-DIMMスロットを4基、ローカルブート用に32GB iSSDメザニンスロットを4基搭載し、それぞれが独立して計4ノードとして動作する。4.3uのシャーシあたり最大180サーバを搭載でき、消費電力は1ノードあたり最大約16Wに抑えられている。Windows 7などのクライアントOSに対応し、仮想化しないリモートデスクトップ環境に適している。カートリッジ上の各ノードを利用者ごとに占有して割り当てることで、ナレッジワーカー/パワーユーザのグラフィック性能ニーズに対応できる。

 「HP ProLiant m300」は、AtomプロセッサC2750や32GBメモリを搭載し、Webサーバ用途に加え、コンテンツ配信や、ビッグデータのオンライン分析などに適用できる。また、1ソケット対応の一般的な1uラックマウント型サーバに比べ、電力/スペースの削減効果を含め、5年間で約45%のTCOを削減できる(同社調べ)。

 「HP t620」は、AMD GXプロセッサとAMD Radeon HD professional グラフィックスを搭載した、ファン非搭載のシンクライアント。「HP ProLiant m700」などと組み合わせることで、CADや医療画像処理など負荷の高いアプリケーションも利用できる。解像度2560×1600の4画面構成に対応できるほか、TPMモジュールとNIST準拠BIOSを用いて端末の改ざんを阻止できる。また、ネットワーク経由でシンクライアントを効率的に管理する「HP Device Manager」や、ネットワークパフォーマンスの改善を図れる「HP Velocity」などの管理ツールも利用できる。


出荷日・発売日 2014年1月9日 発売
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

「VMware Horizon」をベースにしたVDIの仕組みと導入メリット 【ソフトバンク コマース&サービス】 仮想デスクトップインフラ(VDI)のナゼ?困った!をプロが解説 【日商エレクトロニクス】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】 全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】
VDI VDI VDI VDI VDI
VDIを導入するとどういいの? 効率よくメリットを享受する方法 大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。 ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。 VDI(仮想デスクトップインフラ)は運用工数削減やセキュリティ強化、柔軟な働き方を後押しする注目の技術だ。しかし導入失敗例も少なくない。成功/失敗の分かれ目とは? あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052991


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ