オプティム、SaaS型MDMの標準機能としてシールド技術を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オプティム、SaaS型MDMの標準機能としてシールド技術を提供


掲載日:2014/01/06


News

 株式会社オプティムは、SaaS型MDM「Optimal Biz for Mobile」サービスの標準機能として、MDM独自設定画面“SecureShield”を、同サービスを利用している全ユーザに対して提供を開始した。

 “SecureShield”では、同社が開発したシールド技術を利用して、抜け道になりえる設定項目を覆い、項目への直接アクセスを禁止することで、通常のMDMではAPI制御できない設定項目を変更不可状態にし、悪意ある利用者が設定を変更して端末がMDM管理外になることを防止する。また、Androidの“マルチユーザーアカウント機能”への対処として、ユーザ登録画面を“SecureShield”でブロックし、複数ユーザを登録させないことでMDM管理から外れないようにした。これらにより、スマートデバイスのセキュリティを強化でき、情報の保護を図れる。

 また、Android OSや機種の違いで多様化するAndroidデバイスの標準設定画面を統一できるため、機種変更の際も、端末利用者が新たに操作方法を覚えることが不要で、学習コストを抑えられ、管理者への問い合わせサポートの負担軽減を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

LanScope An Free 【エムオーテックス】 10業種23社の導入事例:MDMで業務はどう変わったのか? 【エムオーテックス】 導入したMDMはペイできるのか? 費用対効果を徹底検証 【エムオーテックス】 Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】 使い勝手が良く、唯一無二の価値を提供する VMware AirWatch 【ヴイエムウェア+他】
MDM MDM MDM MDM MDM
紛失・盗難対策に必要なパスワードポリシーやリモートロック・ワイプ機能をすべて網羅したツール。無料でスマートデバイスの紛失・盗難対策を実現(台数・期間無制限)。 モバイルデバイスマネジメントの効率化 10業種23社成功事例 分かりづらいMDMの費用対効果――コスト削減効果の計算法を公開 「持ち出せるデバイス」に進化したWindows……管理はどうする? モバイル活用や効率的な管理を進める上で気になるのが先進企業の事例。モバイルへの期待が高まる中でどのようなツールやサービスを使っているのか。エキスパートが答える。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052884


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ