エクスペリアンジャパン、HTMLメールの開封状況の調査を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エクスペリアンジャパン、HTMLメールの開封状況の調査を発表


掲載日:2013/12/25


News

 エクスペリアンジャパン株式会社は、メール配信ASP「MailPublisher」のオプションサービスとして提供している「開封エンゲージメントサービス」を利用し、国内におけるHTMLメールの開封状況を調査したと発表した。

 「開封エンゲージメントサービス」は、メールを開封したユーザの購読時間とデバイス環境を把握し、購読傾向を分析したレポートを提供するサービス。4月〜11月に実施した調査からは152万5243件のログデータを得たという。

 エクスペリアンジャパンはログデータから現在のメールマーケティングにおける消費者の閲覧行動を分析したところ、3点の特徴を明らかにできたと発表している。

 1つはHTMLメールを閲覧するデバイスは、モバイルデバイスが65.5%と高い結果となったという。反面デスクトップタイプ、Webメールタイプはそれぞれ 25.2%、9.3%と低く、消費者のメール閲覧デバイスはスマートフォンの普及により、モバイルへの移行が加速していると伝えている。

 2つめはモバイルの閲覧デバイスについては、iOSデバイスが全体シェアの96%以上を占めるという偏りが出る結果となったという。国内の販売シェアと同様、iOSのデバイスの浸透率が高いことが分かるとしている。

 3つめはメールの滞在時間は10秒以上が57.67%と過半数を占め、メールによる閲覧効果は高い結果となったと伝えている。一時期は効果が薄いとされた時期もあったメールマーケティングだったが、デバイスの変化にともなう閲覧行動の変化により、効果的な施策であることが立証されたとしている。

 同社は、今までPC向けに配信されていたHTMLメールが、スマートフォンの普及によりモバイルデバイスでの閲覧が急増して最も閲覧されるデバイスにまで成長したとし、メールマーケティングの効果を更に高めていくために、スマートフォンに最適化されたコンテンツと、クリエイティブの製作が今後急務になっていくだろうと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 【F5ネットワークスジャパン】 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】
認証 帳票管理システム その他情報共有システム関連 ADC/ロードバランサ メールセキュリティ
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052811



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ