採用:東芝、ISIDのO to Oプラットフォームを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:東芝、ISIDのO to Oプラットフォームを採用


掲載日:2013/12/24


News

 株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、株式会社東芝が12月26日から実施する“川崎駅前商業活性化実証実験”において、ISIDのO to Oプラットフォーム・パッケージ「+fooop! connect」が採用されたことを発表した。

 「+fooop! connect」は、スマートフォンアプリ、ユーザ・コンテンツ管理(CMS)、CRMから構成され、施設管理者・店舗・来街者に対して、オールインワンのO to Oソリューションを提供するサービス。

 今回の実験は、東芝と川崎市が共同で行なうもので、1日50万人が利用する川崎駅前の7つの商業施設に入居する約500の店舗をクラウド上で仮想的に連携させ、消費者に個々の嗜好に応じた店舗、商品、サービスなどの情報提供を行なうことで、購買行動などを検証し、ビッグデータ活用による魅力的な街づくりに向けたソリューションの開発・検証を行なうという。実験期間は約3ヵ月の予定になっている。

 ISIDは、ソーシャルシティ・プラットフォーム「+fooop!」のブランド名で、街のITプラットフォームの事業化を進めており、4月開業の大型複合施設“グランフロント大阪”では、インタラクティブな街のコミュニケーション基盤「コンパスサービス」を提供しているという。「+fooop! connect」は、この技術とサービスをベースに、O to Oマーケティングに求められる機能をコンパクトにパッケージ化したもので、11月に提供を開始し、同実験への適用が最初のパッケージ導入事例となるとしている。今後は、全国の商業施設や地域開発事業への導入を推進するとともに、電通及びISIDの海外拠点と連携し、中国・ASEANをはじめとする海外市場への展開も計画していると伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Experian Cross-Channel Marketing Platform 【エクスペリアンジャパン】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 顧客離反を防ぐ「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 【セールスフォース・ドットコム】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略 【東日本電信電話】
CRM CRM CRM CRM CRM
BtoC企業向けMA。保有する顧客データを一元化してセグメントを切り、セグメントごとにキャンペーンシナリオを設計、クロスチャネルで実行するためのプラットフォーム。 もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 顧客離反を防ぐ3つの方法――「Customer Experience 3.0」による収益貢献モデル 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052761


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ