日本HP、バックアップ/アーカイブのストレージの新モデルを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、バックアップ/アーカイブのストレージの新モデルを発売


掲載日:2013/12/20


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、バックアップストレージ「HP StoreOnce」の第4世代新モデルを発売した。また、アーカイブストレージ「HP StoreAll」の新モデルを2014年1月23日に発売する。

 「HP StoreOnce」は、連携型重複排除エンジンを搭載し、アプリケーションサーバからバックアップサーバ、バックアップアプライアンスまで、適材適所でデータの重複排除をシングルアーキテクチャで行なえる。今回の新モデルは、小規模環境やリモート拠点向けの「HP StoreOnce 2700 Backup」と、中規模環境向け「HP StoreOnce 4500 Backup」「HP StoreOnce 4700 Backup」、大規模環境/データセンタ向け「HP StoreOnce 4900 Backup」「HP StoreOnce 6500 Backup」の5モデル。

 ハードウェアが一新され、性能/容量が強化されたことで、コストパフォーマンスが向上している。ソフトウェアの機能強化では、連携型重複排除“StoreOnce Catalyst”のアプリケーション連携が強化され、新たに「Oracle RMAN」に対応したことで、Oracle DBから直接アプライアンスへバックアップ/リストアできる。また、保存データの暗号化(標準AES 256ビット FIPS140-2 Level1準拠)とデータ完全消去(NIST SP 800-88準拠)機能を搭載している。「HP StoreOnce 4900 Backup」は、ドロワー式ディスク筺体を採用したことで実装密度が向上しているほか、マルチテナント機能に対応し、異なるアプリ/利用者のネットワークを分離することでセキュリティの担保を図れる。

 「HP StoreAll」は、オブジェクト・ファイルに対応したデータアーカイブ向けのストレージ。今回の新モデルは、性能/機能を強化したゲートウェイタイプ「HP StoreAll 8200 Gateway」とアプライアンスタイプ「HP StoreAll 8800 Storage」の2モデル。

 ハードウェアが一新され、ラックあたり1.6PBの拡張性を備えているほか、OpenStackのオブジェクトストレージに対応し、クラウド環境に向けたアーカイブプラットフォームが提供される。コンプライアンスへの対応も図られている。また、PB規模に対応する高速検索機能“Express Query”に加え、ポリシーベースの階層化管理やレプリケーションなどの機能を搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 カゴヤ・ジャパンのVPSサービス、ユーザーを急増させたSSDとは? 【PALTEK】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】
NAS NAS NAS NAS NAS
フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 データセンター事業者に選ばれるSSD、その条件とは? 選定のコツを伝授! x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052748


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ