採用:ネットアシスト、社内共有にBDのクラウド型SFAを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ネットアシスト、社内共有にBDのクラウド型SFAを導入


掲載日:2013/12/20


News

 ブランドダイアログ株式会社(BD)は、同社が提供するクラウド型統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」の最新導入事例として、サーバやネットワークの監視・管理運用代行を行なうMSPサービス事業を展開する株式会社ネットアシストの事例を発表した。

 ネットアシストは、ユーザが安心して自社の事業に専念できるよう、ユーザ企業の“サーバ管理者”となって、サーバやネットワークの管理・運用を行なっており、営業の案件情報を含む社内の情報を共有できるツールを探していたという。

 同社は、グループウェアは他社の製品を導入していたものの、営業の案件管理や顧客情報については、紙やExcelといったアナログな管理をしていたという。営業案件を管理・共有するツールとしてSFA(営業支援システム)を探し始めたが、営業日報や案件情報の中には技術部門などの他部門に伝えるべきユーザの声があることも多く、全社で案件情報を共有することで顧客満足度の向上につながると考え、会社全体で共有したいと考えていたとしている。そこで、SFA機能だけでなく、グループウェアも統合されている「Knowledge Suite」を導入することで、営業情報も含めた社内の情報共有を一元化することに決めたと伝えている。

 導入後の効果について、同アプリケーションで登録した営業報告が、リアルタイムで全社員に共有されるので、案件の状況を全社員が同時に把握できるようになったという。営業部門以外の部署でもその報告にあるユーザの声に対して即時対応できるようになり、ユーザへの対応スピードが速くなったとしている。営業報告に対して、他部門からコメントが入ることもあり、コミュニケーションの活性化という意味でも貢献していると伝えている。また、Excelや紙で案件管理をしていたときにはできなかった外出先での案件状況の確認が同アプリケーションのスマートフォンアプリで可能になり、外出先での業務効率も向上したと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは? 【サンブリッジ】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る? 【サンブリッジ】 イベントで獲得した名刺を次のマーケティング施策に活用する名刺管理サービス 【サンブリッジ】 顧客情報を集約してスマートフォンで活用、日本パレットレンタルの名刺整理術 【サンブリッジ】
SFA SFA SFA SFA SFA
社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは? ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る? イベントで獲得した名刺を次のマーケティング施策に活用する名刺管理サービス 顧客情報を集約してスマートフォンで活用、日本パレットレンタルの名刺整理術

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052739


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ