JBS、ITプレナーズとアセスメントサービスの契約を締結

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBS、ITプレナーズとアセスメントサービスの契約を締結


掲載日:2013/12/20


News

 JBサービス株式会社(JBS)は、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック(ITプレナーズ)より、ITIL(Information Technology Infrastructure Library)に適用した顧客のIT運用のプロセス成熟度の測定や改善を行なえるITプロセスアセスメントフレームワーク「TIPA(Tudor IT Process Assessment) for ITIL」の商業利用に関する契約を正式に締結したサービス事業者として、認定を受けたことを発表した。

 ITプレナーズは、ITサービスマネジメントトレーニングのサービスプロバイダ。ITILは、ITサービスマネジメントに関する体系的なガイドラインを指す。

 JBSによると、近年、企業のITサービスマネジメントの課題として、属人化・複雑化した業務の品質改善や運用コストの適正化が挙げられる。このような背景から、ITサービスマネジメントのベストプラクティス(成功事例)であるITILをベースにIT運用を展開する企業が増加し、その効果を体系的かつ客観的に測定し、改善したいというニーズが高まってきているという。

 JBSのITILへの取り組みは2004年から始まり、これまでに延べ約200名のITILファンデーション認定資格者、2名のITILエキスパート認定資格者を有しているという(11月末現在)。また、2009年にはJBグループのマネジメントサービスの中核として24時間365日体制でユーザのシステム運用をサポートする運用監視センタ“SMAC”(Solution Management and Access Center)がITILを基にしたITサービスマネジメントの国際標準規格ISO/IEC20000の認証を取得したと伝えている。

 今後、JBSでは、ITIL適用後のプロセス成熟度の測定や改善を支援するアセスメントサービスの提供とともに、ITILを推進するコンサルティングやサービスの提供など、ITILに関するサービスメニューを拡充し、ユーザのIT運用の課題解決を支援するとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】
EDI 文書管理 ワークフロー 検疫 検疫
B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052733



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ