NTT Com、IDCのクラウド・DCサービスの評価でリーダーに選出

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、IDCのクラウド・DCサービスの評価でリーダーに選出


掲載日:2013/12/20


News

 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、米IDC社が12月に発行した、アジア太平洋地域においてクラウド・データセンタ(DC)サービスを提供する12通信事業者を対象とするレポート“IDC MarketScape:Asia/Pacific Next-Generation Telcos:Hosted Cloud and Data Center Services 2013-2014 Vendor Analysis”(IDC MarketScape)において、実行能力と戦略双方において最も高い評価であるリーダーのポジションに位置付けられたと発表した。

 IDC MarketScapeのベンダ分析モデルは、ITの競争上の適性やテレコミュニケーション、または特定のマーケットの専業サプライヤなどについての概要を見るためのものだという。リサーチの手法は、質と量の両面についての基準に基づいたスコアリング方法を用い、特定のマーケット中の各ベンダポジションを1つのグラフィックに示すというものになっているという。

 IDCの分析によると、NTT Comは主に、DC/クラウドサービスのネットワーク高度化をSDN技術によるイノベーションでリードしている点、グローバルに連携したDCサービスの提供に求められる広範囲かつ多拠点のDC展開をしている点、先進ネットワーク技術による優れたクラウド提供能力と戦略がある点でリーダーとしての地位を確立していると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052731



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ