FireEye、世界規模のサイバー攻撃における国別の特徴を公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FireEye、世界規模のサイバー攻撃における国別の特徴を公開


掲載日:2013/12/18


News

 米FireEyeは、“サイバー世界大戦:国家レベルの高度なサイバー攻撃の背景を理解する”と題するレポートの日本語版を公開したと発表した。

 今回公開されたレポートでは、各国政府が実施しているサイバー攻撃の世界的及び地域的な特徴について解説しているという。

 同レポートでは、サイバー攻撃は国家の主権を守り、国力を誇示するためのコスト効率の高い手段として位置づけられているとし、各地域から行なわれるサイバー攻撃には、特徴があると伝えている。

 具体的には、アジア太平洋には、“コメント・クルー”などの大規模な官製ハッカー集団の拠点が存在し、人海戦術による大規模な攻撃を執拗に繰り返す特徴があるとし、ロシア/東欧地域からのサイバー攻撃は技術的に高度で、検出を免れる能力に優れているとしている。また、中東の攻撃者は創造性や策略、ソーシャル・エンジニアリングを駆使してユーザをだまし、そのコンピュータに侵入しているとする一方、米国では、最も巧妙で用意周到なサイバー攻撃が行なわれており、高い精度でターゲットを狙い撃ちすると伝えている。

 またレポートでは、世界のサイバー・セキュリティの動向に短中期的な変化をもたらす可能性がある要因として、サイバー攻撃による基盤インフラの機能停止や、サイバー攻撃の実施を抑制するサイバー兵器条約の締結、PRISM問題に端を発するプライバシーへの懸念、ブラジルやポーランド、台湾をはじめとするサイバースペースにおける新興国の台頭、セキュリティ対策をすり抜けるための検出回避技術の開発強化などを挙げている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 クラウド型帳票基盤ソリューション SVF Cloud 【ウイングアーク1st】
BI バックアップツール WAF BI 帳票管理システム
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 国内1万8000社以上が導入する帳票システムのクラウドソリューション。既存帳票を利用した帳票設計、データソースと連携した帳票作成、帳票のデータ出力や直接印刷も可能。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052663



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ