採用:新生銀行、Adobe Marketing Cloudを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:新生銀行、Adobe Marketing Cloudを導入


掲載日:2013/12/17


News

 アドビ システムズ株式会社(アドビ)は、株式会社新生銀行へ、同行Webサイトのリニュアルに合わせ、「Adobe Marketing Cloud」のWeb分析ツール「Adobe Analytics」が、マルチチャネルに対応し、顧客体験のパーソナライゼーションを可能にするためのソリューションの一環として採用されたことを発表した。

 新生銀行は、顧客のインターネットに接する時間が従来に比べ増えていることから、インターネットと実店舗を繋ぐことに積極的に取り組んでいるという。

 同行では、従来から顧客の求める情報を的確に提供するための取り組みを行なっており、Webサイトのアクセス情報、メールマガジンの開封情報などを分析し、顧客ごとにコンテンツを変えるなどの取り組みを積極的に行なってきたが、従来のツールでは、結果を得るまでに時間を要し、一部手作業による処理量の限界、また十分な解析と検証が行なえないなど、情報の精度とタイムリーさに課題があったという。

 「Adobe Analytics」は、Webサイトの行動情報の分析と施策の効果測定のために採用されたという。また、これまでオフラインの顧客情報を基に行なっていた顧客動向の分析にWebサイトのデータを追加し、リアルタイムに実行されることで、PDCAを迅速に行なえるようになるほか、Webサイトでの顧客の行動情報とオフラインの購買履歴などの情報を合わせることで、顧客の求めるサービスを的確に提供できるシステムが構築されていると伝えている。

 同行では、実店舗における顧客のニーズ、コールセンタに寄せられるリアルな情報なども、一部試験的に統合し活用を進めているが、今後はすべての情報を統合し、一貫した顧客体験の提供によるサービス向上を目指すとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052626


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ