採用:広成建設、アリエルのWebコラボレーションウェアを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:広成建設、アリエルのWebコラボレーションウェアを採用


掲載日:2013/12/17


News

 アリエル・ネットワーク株式会社(アリエル)は、広成建設株式会社が、次世代情報共有基盤として、Webコラボレーションウェア「ArielAirOne Enterprise」を採用したことを発表した。

 「ArielAirOne Enterprise」は、標準アプリケーションであるグループウェア・企業情報ポータルの提供と、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のビジネスアプリケーション開発を可能とすることで、拡張性・柔軟性の高い情報共有環境の構築とともに、大規模な組織内で扱われる様々な情報のシームレスなデータ連携と高度なセキュリティによる集中的な管理を可能にするWebコラボレーションウェア。

 広成建設は、西日本を中心に官庁工事や民間工事など幅広く事業を展開し、現在では、JR西日本グループの中核企業として、軌道新設・高架橋・駅の建設、駅の橋上化などを手掛けていると伝えている。

 広成建設では、全社的な情報共有システムを構築し、全社における情報を一元管理することで、コミュニケーション・コラボレーションの促進や意思決定の迅速化を図り、会計・人事システムなどの基幹系システムと連携して、企業内情報のフロントエンドとして活用するという。また、情報更新や情報活用を効率化するほか、IFRS対応をはじめ、ログ管理・アクセス権制御などによる、内部統制の強化も行なえるとしている。

 今回のシステム刷新により、広成建設ではビジネス変化や利用者のニーズにともなうシステム変更があった際、情報システム部門が柔軟かつ迅速に対応することができ、全社員に適した情報共有システムを利用が可能になるという。

 また、広成建設では災害時の事業継続体制強化するBCP対策を推進していて、今回アリエルのBCPアプリケーションを活用し、日常的に利用する情報共有システムにおいてBCP対策を講じることで、災害時の安否情報確認や状況把握を円滑化するとしている。更に、ISO文書管理アプリケーションで、厳密な統制が必要な文書の安全な共有・活用を促進するなど、各種ビジネスアプリケーションを活用することで、業務効率の向上を目指すと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EIP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EIP」関連情報をランダムに表示しています。

「EIP」関連の製品

Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】 Liferay Portal 【イージフ】 Discoveries InSite 【ディスカバリーズ】
EIP EIP EIP
メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 Microsoft Office 365 に含まれる SharePoint Online のアドオン製品。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052623


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ