ネイクス、VoIP対応の通話録音装置の新版で信頼性などを向上

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネイクス、VoIP対応の通話録音装置の新版で信頼性などを向上


掲載日:2013/12/16


News

 株式会社ネイクスは、VoIP対応の通話録音装置「SIP-VR」をモデルチェンジし、12月中旬に発売する。価格はオープン価格。

 「SIP-VR」は、NTTの「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」や「KDDI 光ダイレクト」などのIP電話サービスに接続できる。同社の音声管理装置と組み合わせて利用することで、VoIP対応の通話録音システムを構築できる。今回のモデルチェンジでは、ハードウェア自体の信頼性の向上や、品質/性能の向上、録音バッファの増強が図られている。

 1uサイズで、ライセンスを追加することで最大100チャンネルの音声を取得できる。出荷時の設定で、録音音声形式をステレオ無圧縮またはモノラル圧縮に指定できる。バッファとなる内蔵HDDはRAID 1の2重化構成が採用されている。生成された音声ファイルは録音終了と同時に音声管理装置に転送され、音声管理装置上で一元管理される。


出荷日・発売日 2013年12月中旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052612


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ