日本オラクル、ビッグデータ分析の新版でセルフサービスなど強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、ビッグデータ分析の新版でセルフサービスなど強化


掲載日:2013/12/13


News

 日本オラクル株式会社は、ビッグデータ・アナリティクス製品の新版「Oracle Endeca Information Discovery 3.1」の提供を開始した。

 今回の新版では、セルフサービス型のデータ・ディスカバリー機能を用いて、業務部門の利用者自身が構造化/非構造化データを統合させ、従来は部門ごとに管理されていた複数ソースのデータを「Endeca」サーバ内の単一の環境で統合し、分析を実行できる。

 データソースの対応が拡張され、「Oracle Business Intelligence」との統合と、様々なDBやJSON形式の半構造化データとの接続が強化された。ドラッグ&ドロップでのレイアウト作成とウィザード形式での設定が改善され、探索ダッシュボードをより簡単に作成できるようになった。

 業務部門の利用者は、IT部門に頼らずに、新しいデータ・ディスカバリー・アプリケーションを分単位の時間で作成できる。データから知見が得られ新たなニーズが特定されたら、更にほかのデータも簡単に追加できるため、試行と反復を迅速に行ない、完全なモデルを作成せずにデータの背後にある意味合いを理解できるようになる。

 非構造化データ分析も強化された。企業内外のデータソースから入手できる、人々の会話や意見などのデータから新しい視点や知見を得られ、ビッグデータ戦略の立案を支援する。インタラクティブな可視化機能を使うことで、業務部門の利用者自身で隠れた意味合いを特定できる。

 「Oracle BI Foundation」との連携も強化された。業務部門の利用者自身がBIソフトウェアから情報を取り出し、散在した情報を収集する同社の「Common Enterprise Information Model」に定義されている次元/属性を利用し、管理しなければならない日々の様々な要望や要件に基づいて情報を活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは 【日本アイ・ビー・エム】 Apache Hadoop データプラットフォーム Hortonworks Data Platform 【ホートンワークスジャパン】 オープンソース・データサイエンスツール 「RapidMiner」 【KSKアナリティクス】 ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこか 【クリックテック・ジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
これまでの延長では追い付けない、巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは Hadoop開発プロジェクトのコアメンバーが揃うHortonworksが提供するデータプラットフォーム。Hadoopによるソリューションから要求される各種機能を提供する。 ドラッグ&ドロップの操作で高度な分析を行えるノンプログラミングのデータサイエンスツール。120種類以上のアルゴリズムや分析モデルを標準装備し、多様なニーズに対応。 ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこにあるのか? 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052581


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ