JBS、時間チャージ制で利用できるDynamics CRMサポートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBS、時間チャージ制で利用できるDynamics CRMサポートを提供


掲載日:2013/12/13


News

 日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)は、「Microsoft Dynamics CRM」のサポートサービス「Ambient Office/アンビエントオフィス Live Support for Dynamics CRM(LS4DC)」の提供を開始した。

 「LS4DC」は、「Dynamics CRM」の製品選定から導入運用支援までのフェーズで、高度な知識を持つエンジニアを利用できる業務支援サービス。時間チャージ制でのサービス料金体系で、“必要な時に必要なだけ”利用できる。導入後のサポートだけでなく、検証/デモの支援など内容を制約せず提供する。対象製品は、「Microsoft Dynamics CRM 2011/2013」で、設置型/オンライン版ともにサポートする。

 価格は、月額の時間パック制として20/30/50時間のパックが用意されていて、30万円から。このほか、10時間単位の拡張パックも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 【セールスフォース・ドットコム】 「未来のお客さま」を見つけ、育てる「フルファネルマーケティング」のすすめ 【AdRoll】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? 【バーチャレクス・コンサルティング】 サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには? 【日本ライフレイ】
CRM CRM CRM CRM CRM
カスタマーエクスペリエンス実践ガイド:「顧客の時代」のプラットフォーム活用 展示会などでリードを収集してナーチャリングし、営業案件へ育てていく。そんなB2Bマーケティングが、最近頭打ちになっているという。打開策はどこにあるのか。 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? サイロ化した顧客情報がCXの足かせに、分散した情報を一元化するには?

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052579


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ