JBS、時間チャージ制で利用できるDynamics CRMサポートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBS、時間チャージ制で利用できるDynamics CRMサポートを提供


掲載日:2013/12/13


News

 日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)は、「Microsoft Dynamics CRM」のサポートサービス「Ambient Office/アンビエントオフィス Live Support for Dynamics CRM(LS4DC)」の提供を開始した。

 「LS4DC」は、「Dynamics CRM」の製品選定から導入運用支援までのフェーズで、高度な知識を持つエンジニアを利用できる業務支援サービス。時間チャージ制でのサービス料金体系で、“必要な時に必要なだけ”利用できる。導入後のサポートだけでなく、検証/デモの支援など内容を制約せず提供する。対象製品は、「Microsoft Dynamics CRM 2011/2013」で、設置型/オンライン版ともにサポートする。

 価格は、月額の時間パック制として20/30/50時間のパックが用意されていて、30万円から。このほか、10時間単位の拡張パックも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない 【フュートレック】 CRMソリューション「Visionary」 【フュートレック】 Zoho CRM 【ゾーホージャパン】 Microsoft Dynamics CRM 【日立ソリューションズ】 ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方 【富士通】
CRM CRM CRM CRM CRM
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない ナノ・ユニバースやアトレでも取り組むオーダーメイド型CRMの活用法 世界で5万社が利用するクラウド型の顧客管理・案件管理システム。各プロセスの業務効率化と経営情報の見える化を実現。低コストで導入でき、規模や用途も柔軟に選択可能。 営業、サポート、マーケティングなど全社で使える統合型CRM。オンラインと設置型双方がある。新たにデジタルマーケティング機能が強化されスコアリング等ができる。 ウェアラブル端末&スマートデバイス、「肌身のICT」の使い方

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052579


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ