FJM、オフィスの一角に設置できるラックの導入パックなどを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FJM、オフィスの一角に設置できるラックの導入パックなどを提供


掲載日:2013/12/12


News

 株式会社富士通マーケティング(FJM)は、専用サーバルーム不要でオフィスの一角に簡単に設置できるラックを導入する「AZOFFICE クール&セキュアラック導入パック」と、オフィスづくりの企画段階から現状の見える化と改善に向けた診断/コンサルティングサービスを提供する「AZOFFICE オフィス環境ES調査サービス」の提供を開始した。価格はそれぞれ、85万円から(設置作業含む)、10万円から。

 「AZOFFICE クール&セキュアラック導入パック」は、自社でサーバを導入したいユーザや、仮想化/クラウド化にともなうハードウェアのスリム化を受けて既存サーバルームを縮小したいユーザ向けに、専用のサーバルームが不要な、特殊キーとクーラーを搭載したサーバラックを導入/設置する。ラック内の機器に適切な冷気を供給しながら、セキュリティを考慮した小型サーバルームを低コスト/省スペース/短工期で導入できるため、費用削減を図れる。また、サーバルームの運用にかかっていた電力コストを削減できるほか、サーバスペースが縮小されることで執務スペースを拡大できるなど、運用面での効率化も図れる。

 「AZOFFICE オフィス環境ES調査サービス」は、オフィスの移転やリニュアルを検討しているユーザ向けに、診断ツールを活用して現状のオフィスの課題を整理し改善を図るための見える化を支援するサービス。Webアンケートで収集した従業員の声をもとに、現状のオフィスが抱える課題を整理し、対応の優先順位付けを実施した上で、改善に向けた設備面/運用面での立案を行なう。更に、具体的な取り組みに進めたいユーザ向けには、コスト試算や定量的/定性的な効果検証を行なうなど、課題解決型のスマートオフィスの構築を支援する。従業員の思いや将来像を反映したオフィスを構築することで、働きやすさやモチベーションの向上を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「システムインテグレーション」関連の製品

俊敏で効率的なIT基盤 コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 俊敏で効率的なIT基盤コンポーザブル・インフラストラクチャ 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 日本企業のデジタル競争力強化の道筋を作る 【日本CA】
システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション システムインテグレーション
リソースの使用率を最大限まで高める インフラを柔軟に構成する仕組み DevOpsの障壁となるレガシーインフラ コンポーザブルが現場を劇的に変える 新概念“コンポーザブル・インフラストラクチャ”でIT部門はどう変化する? なぜわざわざ「次世代インフラ」に移行するのか? 知っておくべき10個の理由 目まぐるしく変化する市場環境で、企業が勝ち続けるために必要となる思想「モダンソフトウェアファクトリー」とは。大手SIerが着手する取り組みや考えを聞いた。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052543


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ