採用:パナソニック、広告にフュートレックの音声対話技術を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:パナソニック、広告にフュートレックの音声対話技術を採用


掲載日:2013/12/11


News

 株式会社フュートレックは、パナソニック株式会社のエアコンに関する広告コンテンツ向けに音声対話技術を提供したと発表した。

 音声対話技術とは、ユーザの発話を認識する音声認識技術に、発話の意図を解析し意図に合った回答を返す対話制御技術を組み合わせた技術。

 今回、フュートレックは、同技術の「vGate Talk2Me」をパナソニックのエアコンに関する特設Webサイト及びデジタルサイネージ上のコンテンツに提供し、バーチャルキャラクター“エアコ”との対話による製品プロモーションを可能にしたと伝えている。

 同コンテンツでは、同技術が使われることで、店頭で店員に話しかけるような日常の話し言葉で画面上の“エアコ”に話しかけると、“エアコ”から製品や機能の紹介を受けられるほか、簡単な日常会話が可能となっている。

 パナソニックは、2013年の夏からフュートレックの音声認識をエアコンのスマート機能搭載機種に採用し、遠隔からエアコンを操作できるスマートフォン向けアプリケーションの配信を開始したという。

 フュートレックは、音声対話技術の機器操作以外の用途として、マーケティングツールとしての利用を挙げている。そのメリットは、広告のプレゼンテーション手法を充実させることで、広告注目率や接触率を向上できることだと伝えている。

 また、キャラクターなどとの会話から、具体的なユーザ・ニーズを引き出し把握することによってパーソナライズされた訴求性の高いメッセージを創出できるほか、宣伝する商品/サービス名や特徴をユーザに何度も発話してもらうことで、商品/サービス名やイメージを鮮明に記憶に残し、ブランド認知度を向上できるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052503


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ