東陽テクニカ、脆弱性試験ソフトウェアがEDSA認証の公式ツールに

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東陽テクニカ、脆弱性試験ソフトウェアがEDSA認証の公式ツールに


掲載日:2013/12/10


News

 株式会社東陽テクニカが販売する、フィンランドCodenomicon社製の脆弱性試験ソフトウェア「Defensics」が、EDSA認証の公式な試験ツールと認定されたと発表した。

 EDSA認証とは、制御システム製品のテストと認証の規格化・手続化を行なう組織のISCIが定める制御システム向けのセキュリティ基準を定める国際的な認証規格。

 同規格を取得するための評価項目の1つには、通信機能の堅牢性評価があり、この堅牢性を評価するために“ファジング”という試験技術が用いられるという。

 今回、「Defensics」が、この項目を評価するための公式試験ツールとして認定されたとしている。

 同ソフトウェアは、ライセンス数や使用期間を柔軟に設定でき、組織内における効率的な運用が可能となっている。また、TCP/IPやHTTP、SIPなどの様々なプロトコルをサポートし、様々な製品の試験を行えるほか、ModbusやDNP3など、制御システムで使用されるプロトコルにも順次対応している。更に、ファジングツールとして、脆弱性検出の実績を持っている。

 制御システムを提供しているベンダは、認証を取得するにあたって必要な堅牢性試験を、同ソフトウェアを使用することによって効率的に行なえると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

物理サーバの役割を30秒で変更、仮想化不要でインフラ構築を自動化するには? 【日本ヒューレット・パッカード】 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 【エンカレッジ・テクノロジ】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 高いと諦めていた、SAPの災害対策サイトをクラウド活用で実現 【インターネットイニシアティブ+他】
サーバー管理 ID管理 ID管理 ID管理 IaaS/PaaS
物理サーバの役割を30秒で変更、仮想化不要でインフラ構築を自動化するには? 管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 災害対策の重要性は理解していても、SAPのような大規模システムではどう着手してよいか分からないという企業は多い。クラウドを活用し、コストを抑えたDR手法を紹介する。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052473



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ