矢野経済研究所、BEMS・BAS市場に関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、BEMS・BAS市場に関する調査結果を発表


掲載日:2013/12/10


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のBAS(ビルディング・オートメーション・システム)及びBEMS(ビルディング&エネルギー・マネジメント・システム)市場の調査を実施したと発表した。

 調査期間は9月〜11月、対象は計装メーカー、電機メーカー、ゼネコン・サブコン・エンジニアリング会社、設計事務所、デベロッパーなどで、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話・メールによるヒアリング、ならびに文献調査を併用している。

 同調査におけるBEMS・BAS市場とは、従来のBASに加え、BEMS機能を付加したBASや、Web環境でサービスを提供するクラウド型BEMSも対象としたとしている。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして、3点発表している。1つは2012年度のBEMS・BAS市場規模(メーカー販売金額ベース)は、469.3億円(前年度比5.9%増)と伸長したという。建物内クローズドシステムである大規模ビル用オンサイト型BEMS・BASが市場を下支えするとともに、Web環境でサービスを提供する中規模ビル用クラウド型BEMSが市場の裾野を拡大したとしている。2013年度の同市場規模は、国の補助金活用もあって、514億円(前年度比9.5%増)と更に拡大すると予測している。

 2つめは省エネルギーや節電要請の強化によって、これまでのように大規模ビルに導入するだけでなく、新たに中規模ビルにもBEMSを導入する動きが活発化していると伝えている。大規模ビルではシステムの大型化と高度化により、BEMS・BASのシステム単価が増大しているほか、中規模ビルではビルの数がもともと多いことから、国の補助金をてこにBEMSアグリゲーター(エネルギー利用情報管理運営者)により需要開拓が進められ、BEMS導入システム数が拡大したという。

 3つめは今後、クラウド型BEMSのシステム形態が定着してユーザが導入しやすくなることにより、BEMS・BAS市場は2018年度には565億円(2012年度比20.4%増、メーカー販売金額ベース)に拡大すると予測している。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

20〜60代の全営業社員に定着したSFA導入プロジェクト、成功の秘訣とは? 【ジャストシステム】 集計/分析ツール BizSpread(ビズスプレッド) 【NTTテクノクロス】 ATOK、一太郎で培われた言語処理技術を集結 校正支援ツールの劇的な効果 【ジャストシステム】 ミッションクリティカルなERPシステムに適したクラウド構築とは? 【伊藤忠テクノソリューションズ】 IT人材不足の中小企業でもできる、Microsoft 365でムリ・ムダ・ムラを排除する 【日本マイクロソフト】
SFA データ分析ソリューション 文書管理 ERP グループウェア
20〜60代の全営業社員に定着したSFA導入プロジェクト、成功の秘訣とは? 集計業務を簡単にする集計、分析ツール。分かりやすいマニュアルや役に立つサンプルを搭載しており、ドラッグ&ドロップだけの簡単操作で集計作業が可能。 ATOK、一太郎で培われた言語処理技術を集結 校正支援ツールの劇的な効果 ミッションクリティカルなERPシステムに適したクラウド構築とは? IT人材不足の中小企業でもできる、Microsoft 365でムリ・ムダ・ムラを排除する
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052465



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ