この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イクシア、Net Opticsの買収を完了


掲載日:2013/12/10


News

 米イクシア社は、Net Optics,Inc.の買収を完了したことを発表した。

 Net Opticsはアプリケーションとネットワークをトータルに可視化するソリューションを提供している企業で、同社の製品群を加えることにより、イクシアは総合的なネットワーク可視化/セキュリティソリューションを提供し、企業やサービスプロバイダのアプリケーションやネットワーク可視化に関する様々なニーズを満たせるとしている。

 イクシアによると、データの急増によるネットワークの複雑化、ITのコンシューマライゼーション、データセンタの仮想化を受け、企業やサービスプロバイダは、ネットワークの可視性を高めることで、顧客に信頼性、安全性、クオリティの高いアプリケーション配信サービスを提供したいと考えている。またこれらの企業のIT部門は、モニタリングツールやセキュリティツールを多用しているが、依然としてユーザのQoE(Quality of Experience:体感品質)を十分に把握、測定し、問題に対処するために求められるデータへのアクセス管理に悩んでいるという。同社のネットワーク可視化ソリューションは、この問題の解消を支援するとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
WAF 検疫 その他運用管理関連 ビッグデータ BI
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052460



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ