東芝、無担保普通社債の発行について発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、無担保普通社債の発行について発表


掲載日:2013/12/09


News

 株式会社東芝は、第58回無担保社債及び第59回無担保社債(いずれも社債間限定同順位特約付)に関し、発行条件を決定したことを発表した。

 第58回無担保社債については、社債総額は200億円、利率年0.247%、年限は3年、償還期日2016年12月9日になっている。

 第59回無担保社債については、社債総額は300億円、利率年0.567%、年限は6年、償還期日は2019年12月11日になっている。

 いずれも、各社債の金額は1億円で、払込金額は各社債の金額100円につき100円、償還金額は各社債の金額100円につき100円で、募集期間は12月5日、払込期日は12月11日と伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052431



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ