事例:星野リゾート、ブライダル事業にZohoのクラウド型CRM導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:星野リゾート、ブライダル事業にZohoのクラウド型CRM導入


掲載日:2013/12/09


News

 ゾーホージャパン株式会社(Zoho)は、自社で提供するクラウド型顧客管理サービス「Zoho CRM」の、株式会社星野リゾート ブライダル事業における導入事例を発表した。

 「Zoho CRM」は、ユーザ登録で始められるクラウド型顧客管理サービス。開発拠点をインドのチェンナイに設置し、マーケティングや営業のコストを抑えながら開発に投資することで、高性能かつ安価な価格帯(月換算で1ユーザ1440円から)でのサービス提供を可能にしている。

 また、BIサービス「Zoho レポート」と連携することで、蓄積されるデータを基にしたレポートの作成が簡単に行なえる。同BIサービスでは、インポートしたデータを基にドラッグ&ドロップ操作でグラフやピポットテーブルを作成できる。レポート基となるデータは、「Zoho CRM」から自動で同期されるので、毎回レポートを作成する労働コストがになり、経営者は現場担当者の業務を遮らずに、好きな時にデータを確認できる。

 星野リゾートが運営する“星野リゾート リゾナーレ 八ヶ岳”のブライダル事業では、もともとExcelで顧客管理をしてきたが、“ファイル紛失のリスク”や“共有作業の煩雑さ”を考慮し、6月に同クラウド型顧客管理サービスの本格導入を始めたと伝えている。

 Webからの予約はAPIで直接同クラウド型顧客管理サービスに取り込むことで、入力の手間を削減できたほか、「Zoho レポート」との連携により、営業/マーケティングデータを毎日レポート形式で詳細に視覚化できたと伝えている。

 東京のオフィスと山梨の施設という距離制限を越え、責任者は好きな時に現状把握ができることで、2週間に1度の割合で行なっていたデータの可視化作業は不要となり、即日の意思決定が可能となったとしている。また、同クラウド型顧客管理サービスに登録された情報を基に来館者の傾向を分析することで、キャンセル率を50%軽減することもできたと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】 CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「Total CPA」とは 【ロックオン】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM CRM CRM
優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス CPA評価は限界? 本当のWeb広告価値を可視化する新指標「TotalCPA」とは 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052420


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ