A.M.T.、携帯型スタンドスキャナをバージョンアップして発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


A.M.T.、携帯型スタンドスキャナをバージョンアップして発売


掲載日:2013/12/09


News

 A.M.T.株式会社は、フラットページ・テクノロジー(Version2.1)を搭載した携帯型スタンドスキャナ「スキャネックス」を発売した。

 「スキャネックス」は、非接触型のスタンドスキャナで、本を壊さずにA4サイズまでの本の見開きスキャンを行なえる。今回のバージョンでは、スキャンのスピードが2倍になったほか、本を押さえた指を自動的に除去する機能を備えている。

 本を見開きでスキャンした際も、本のマルミ(歪み)をフラットに自動補正する。ページをめくるごとに自動撮影する方法と、タイマーを利用して等間隔自動撮影する方法を利用でき、等間隔自動撮影のタイミングは、5〜30秒で選択できる。

 スキャンパッドの上に資料を置き、PCモニタで位置を確認してスイッチを押すことで使用できる。200gと軽量コンパクトで、USBケーブル1本で接続でき、ACアダプタが不要なので、手軽に持ち運べ、図書館・出張先・自宅・事務所などでもスキャンできる。ノートPCに取付けたままのスキャンに加え、PCから切り離して専用スタンドに取付けたスキャンも行なえ、スキャンパッド(280mm×410mm)を置くスペースがあればスキャンできる。また、被写体に応じて5つの撮影モードを選択でき、書画カメラ・ビデオ録画にも利用できる。800万画素と高画質で、スキャンサイズはA4まで(それ以上のサイズでは画質が少し落ちる)。文字や画像の質を向上させる画像処理技術を備え、フッドベッドスキャナに匹敵するスキャンを行なえるほか、雑誌の照り返しも除去できる。

 名刺・領収書・ハガキなどの小型書類は4枚まで同時スキャンでき、1枚づつ保存できる上、名刺は検索可能な名刺DBに自動保存できる。必要な部分を範囲指定してスキャンでき、新聞・雑誌・地図などの一部が欲しい際に利用できる。ホワイトキャンパス機能を利用することで、複数の情報・ファイルを編集・整理して1つのファイルに保存でき、新聞・雑誌のデジタル切り抜き帳を作成できる。また、OCRエンジンを搭載し、文字認識できるデータとして、保存・検索・判読を行なえる。書画カメラ・ビデオカメラを搭載し、立体物に加え、白板やポスター、絵画など離れたものにも利用できるほか、ビデオ会議やプロジェクタを使用したプレゼンにも活用できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052413


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ