CSAジャパン、設立総会を開催し一般社団法人として再発足

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSAジャパン、設立総会を開催し一般社団法人として再発足


掲載日:2013/12/05


News

 旧任意団体の一般社団法人日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、12月3日に設立総会を開催し、一般社団法人として再発足することを確認したと発表した。

 クラウドのセキュリティに関する調査研究と提言、教育活動を展開する非営利活動法人であるクラウドセキュリティアライアンス(CSA)は、クラウドコンピューティングの発展と実利用の広がりにより、様々なセキュリティリスクも指摘されている状況に対応し、国際的に活動を展開しているという。

 日本クラウドセキュリティアライアンスは、2010年6月に、CSA公認で任意団体として設立され、独自開催のシンポジウム、RSAカンファレンスにおけるセッション、クラウドのセキュリティに関する啓発・情報発信を行なうとともに、CSAクラウドセキュリティガイダンスや、クラウド・コントロール・マトリクスの日本語版の提供などを行なってきたとしている。

 同団体の活動はボランティアメンバーによる任意の献身に支えられて行なわれてきたが、活動量の拡大や、クラウド利用環境の広がりに対応するため、今回、一般社団法人化するとともに、企業会員を迎えて活動を支える基盤の強化を図ることにしたと伝えている。

 同法人は、クラウドのセキュリティは、ベンダとユーザの双方向の情報交流と相互理解が必要だとし、セキュリティベンダも加えた情報交流を通じて、利害の整合やベストプラクティス(実践的で有効な解決策)の追求を可能にする場を提供し、交流や調査研究の取り組みを支援することを、その目的、使命の第1に掲げているとしている。

 目的達成のため、調査研究テーマごとにワーキンググループを編成して、調査検討を行ない、結果をレポートなどにまとめて公表するなどの活動を行なうとし、既に“健康医療情報管理”ワーキンググループは、CSA本体のワーキンググループとも連携して活動を展開しており、レポートの作成も進んでいると伝えている。

 また、モバイルやビッグデータをテーマにした活動も、法人発足後すぐに開始される予定だとし、更に、従来有志により取り組んできた、CSAクラウドセキュリティガイダンスの翻訳や、クラウドコントロールマトリクスの翻訳と日本向け実装規範の開発も、各々ワーキンググループとして編成して取り組んでいくことになる予定だとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】 飲料販売会社の導入事例から帳票電子化の生産性向上効果を考える 【ウイングアーク1st株式会社】 クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】
暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール 電子帳票システム その他ストレージ関連
暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス 北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的 ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052353



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ