日本クアンタム、バックアップサービスの新プログラムを提供開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本クアンタム、バックアップサービスの新プログラムを提供開始


掲載日:2013/12/04


News

 日本クアンタムストレージ株式会社(日本クアンタム)は、同社の仮想重複排除アプライアンス及び「vmPRO」バックアップ・ソフトウェアを装備する独自のクラウド・バックアップ・サービスにより、マネージド・サービス・プロバイダ(MSP)及びVARパートナーがビジネスを拡大できるようにする新しいプログラムを発表した。

 今回発表されたプログラムは、全仮想及び全ソフトウェアアプローチと独自のキャパシティベースのサブスクリプションを採用しており、MSP及びVARは、収益の増大にともなう拡張によるクラウドベースのBaaS(Backup-as-a-Service)製品を自社ブランド化してマーケティング及び販売ができるため、ハードウェアへの初期投資を抑えることが可能になると伝えている。

 具体的には、同プログラムでは、サービス・プロバイダが、キャパシティベースで同社から仮想アプライアンスのライセンスを取得し、独自のブランドでクラウドベースのバックアップ・サービスをエンドユーザに提供することになる。このアプローチにより、プロバイダは顧客にとって価値の高いパートナーとなり、顧客はクラウド・バックアップに重複排除を利用できるようになるとしている。

 また、同プログラムへの参加により、MSP及びVARは、オンラインによる包括的な無料のセールス及びプリセールス・トレーニングや、顧客対応用の販促品、ソリューション・ガイド、技術内容などのカスタマイズ可能なマーケティング・リソースを利用できるほか、試用及びデモ用の同社のソフトウェア製品の無料提供や、テクニカル・サポート及びトレーニングサポートを受けることが可能になる。

 「DXi」シリーズの重複排除では、必要となるバックアップ・キャパシティは90%低減でき、クラウドにデータをアップロードするときに必要となる帯域幅やデータを保存するためのクラウド・キャパシティを節約して、コストを削減できるとしている。また、リカバリ・プロセスが高速化され、クラウドベースのディザスタ・リカバリのコスト効率を向上できる。ユーザはオンプレミスにデータのフルコピーを保持して日常のリカバリ・プロセスを効率化し、オフサイトのバックアップ・コピーをクラウドに保存して、必要に応じて取り出すことができる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 【日本ストラタステクノロジー】 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 【クオリティア】 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは? 【クオリティア】
ファイアウォール Web会議 サーバー仮想化 メールセキュリティ メールセキュリティ
未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052307



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ