SEI、Web購買システムを海外調達に対応させた新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SEI、Web購買システムを海外調達に対応させた新版を発売


掲載日:2013/12/04


News

 住友電工情報システム株式会社(SEI)は、Web購買システム「楽々ProcurementII」で、海外取引先向けの帳票出力や各種通知メール/画面の多言語化など、様々な機能を海外調達に対応させた新版「Ver.6.0」を発売した。

 「楽々ProcurementII」は、様々な購買品目/発注形態に対応できるWeb購買システム。短期間で構築でき、様々な業務機能を装備している。購買申請から検収に至る業務ルールやサプライヤ選定基準を明確化でき、推奨品購買の推進や管理外購買の低減を図れるため、購買業務での内部統制の強化策としても利用できる。

 今回の新版では、海外調達に対応したことで、単一システムでの国内/海外の調達を支援する。

 “海外調達機能”では、従来の見積/発注/検収業務に加え、単価契約品についても外貨での登録が可能になった。取引先ごとに見積依頼書/注文書が英語版/中国語版で出力され、項目に受渡条件や輸送条件が追加されている。入荷検収の際にはInvoiceNo.などを入力でき、諸掛費用などの支払いは従来機能の“その他検収機能(検収のみ入力可能)”を利用できる。画面や通知メッセージについてもユーザの言語区分により日/英/中の切替に対応する。

 “簡易入力機能”では、見積依頼の一括登録機能や見積からの一括発注機能が追加された。同一の取引先に向けての見積依頼/発注を一覧画面からまとめて処理できる。


出荷日・発売日 2013年12月3日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

改正個人情報保護法、中堅・中小企業が覚えておきたい「情報の守り方」 【ミロク情報サービス】 製造業向け クラウド対応ERPパッケージ i-PALET生産管理 【BSNアイネット】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 海外進出企業の4大課題を解消――リスクとコストを抑える基幹システムの選び方 【ネットスイート】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】
ERP ERP ERP ERP ERP
改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説する。 製造業向けに特化したERPパッケージ。個別受注/見込み生産の両形態に対応し、生産進捗状況が一目で確認できる。IoT/M2MデータやRPAなどと連携したシステム構築も可能。 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
海外進出企業の4大課題を解消――リスクとコストを抑える基幹システムの選び方 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052303


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ