この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


三技協、東久邇宮国際文化褒賞を受賞


掲載日:2013/12/03


News

 株式会社三技協は、同社の事業を通した情報通信技術の分野における高い技術力や、経営の最適化などによる社会貢献が称えられ、10月10日に同社の代表取締役社長 仙石 通泰氏が“東久邇宮国際文化褒賞”を受賞したと発表した。

 東久邇宮国際文化褒賞とは、故東久邇宮盛厚殿下の“ノーベル賞を100とるより、国民1人ひとりが小発明をすることの方が大切だ。1億総発明運動を起こしたい”という理念を継承し設立され、国民1人ひとりの発明活動を応援し、その功績を称える“文化褒賞”だという。

 仙石氏はナレッジ・マネジメント・システム「The Optimization Ware」の発明による社会貢献と小惑星探査機“はやぶさ”の発見などの通信技術による国際貢献が評価され受賞したと伝えている。

 「The Optimization Ware」は、経営の最適化を目指し、生産性・利益向上のために三技協が開発したシステムと活動の総称で、ナレッジDB「サイバーマニュアル」を中心としたナレッジ・マネジメント・システムが、経営のプラットフォームとして機能しているという。

 通信技術への評価は、“はやぶさ”の発見をはじめとする通信技術の分野での国際的な功績によるものだとしている。2003年に打ち上げられ、トラブルのため7年も帰還が延期されていたはやぶさの発見は、雪で覆われる人里離れた山中の施設で、微弱な電波を探知・測定し、信号を見分けるという根気と技術のいる作業だったととし、これらが“国際的な善行”として評価され、受賞に至ったと伝えている。



関連キーワード

「三技協」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052279



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ