富士通、企業向けPCワークステーションのノート型モデルを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、企業向けPCワークステーションのノート型モデルを提供


掲載日:2013/12/03


News

 富士通株式会社は、CADやCAE(Computer Aided Engineering)から一般オフィス業務まで幅広く利用できる企業向けPCワークステーション「FUJITSU Workstation CELSIUS(セルシアス)」で、Windows 8.1などを搭載し、モバイル環境で技術計算業務を行なえる「CELSIUS H730」の提供を12月中旬に開始する。価格は33万3800円から。

 「CELSIUS H730」では、標準搭載のCore i7-4800MQ/i5-4300M vProプロセッサを、カスタムメイドで更に高性能なCore i7-4900MQ/i7-4600M vProプロセッサに変更できるほか、NVIDIA Quadro K510MグラフィックスをK2100M/K1100Mに変更できる。また、ハイブリッドHDDに変更でき、起動やデータ処理スピードの高速化を図れる。

 指紋認証センサ/セキュリティチップ/スマートカードスロットを標準で搭載し、様々な認証機能をサポートしていて、セキュリティ機能が強化されている。指紋認証センサは、同社が開発した非接触型の小型手のひら静脈認証センサに変更できる。

 32GB(8GB×4)のメモリが搭載可能で、マルチベイを装備しながら、最薄部で約24.8mmを達成したスリムな筐体を採用していて、持ち運びに適している。天板への約200kgf全面加圧試験をクリアする堅牢性も備えている。

 隣のキーとの間隔が広いためタイプミスを軽減できるアイソレーションキーボードと、キーボードの視認性を高める効果があるサイドカラードキーが採用され、ユーザビリティが強化された。従来機種に比べタッチパッドが広くなり、3ボタンが採用されたことで、3次元CADなどの操作性が向上している。

 熱源の分散配置や後方排気などで効率的に放熱できるため、パームレスト部に熱が伝わりにくく、従来機種に比べ作動音が待機時で約20.5%、動作時で約10%低減されている(同社調べ)。更に、バッテリ情報の表示や消耗状態の計測が可能なバッテリユーティリティを標準搭載し、全容量の80%で充電を止めることで、電池寿命を約1.5倍に延ばすことができる。また、動作するアプリケーションの負荷に応じて自動的にグラフィックスを切り替えるNVIDIA Optimusテクノロジー機能を利用でき、省電力化を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 33万3800円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052262


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ