オリエントコンピュータ、SSD消去試験を終了

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オリエントコンピュータ、SSD消去試験を終了


掲載日:2013/11/29


News

 オリエントコンピュータ株式会社は、同社製品のHDDデータ消去ソフト「PEE5」、PCセキュリティシステム「アルティメットパック」によるSSDデータ消去試験を東京都立産業技術研究センターに依頼して、11月11日に試験完了し、同18日に報告書を受領したと発表した。

 オリエントコンピュータによると、SSDはHDDとは違い、メモリの消耗を均一化するため、同じセクタへの上書消去ができないという。そのため、SSDには“Secure Erase”という機能が内蔵されているが、現在、多くのPCではSecure Erase機能の利用がロックされており、また古いSSDでは機能自体がない場合もあって、Secure Erase機能を利用できる場合、できない場合の両方での対応(更にウェアレベリング、論理ブロック・物理ブロックの違いもある)が求められていたという。

 オリエントコンピュータは、データ消去ソフト開発会社としてこの対応に取り組み、SSD用新消去方式の“SSDSpecial”を完成し、Secure Erase機能の有無によらないSSDの消去法を確立したとしている。

 既に9月5日に、大阪の同種公的試験機関でSecure Erase機能を拡張した“Secure Combo”方式での消去実験を終了しており、今回の東京都立産業技術研究センターによる“SSDSpecial”の消去実験終了により、SSD消去法の確立と国内公的試験機関での試験をすべて終了したと考えていると伝えている。

 内蔵のディスクがHDDかSSDかによらず、PCを廃棄、もしくは再利用する際には「PEE5」を利用することで、ほぼすべてのPCでのソフトウェア消去ができるとしている。

 なお、SSDの削除ができない特殊なPCを利用している場合は、同社への相談を受け付ける。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 7500台のPCを常に把握、近鉄グループの旅行会社が実践するIT資産管理術 【ディーアールエス】 企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体 【ジェイズ・コミュニケーション】 「デジタルトランスフォーメーション」で激変、企業とITの関係は? 【ネットワンシステムズ】 ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは? 【ネイチャーインサイト】
ファイアウォール IT資産管理 その他ネットワークセキュリティ関連 垂直統合型システム ソーシャルメディア分析
通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 7500台のPCを常に把握、近鉄グループの旅行会社が実践するIT資産管理術 企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体 「デジタルトランスフォーメーション」の掛け声の下、ITの活用に取り組む企業が増えている。その中で、企業とITパートナーの協力体制はどう変わるのか。識者に聞いた。 ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052216



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ