OIMC、Wi-Fi機能を搭載したビジネス向けICレコーダを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OIMC、Wi-Fi機能を搭載したビジネス向けICレコーダを発売


掲載日:2013/11/29


News

 オリンパスイメージング株式会社(OIMC)は、Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンやタブレットPCと連動でき、録音時の操作性を向上させたビジネス向けICレコーダ「Voice-Trek」シリーズのハイグレードモデル「Voice-Trek DS-901」を12月6日に発売する。価格はオープン価格。

 「Voice-Trek DS-901」は、長さ115mm×幅51mm×奥行き17.9mm(最大突起部含まず)/重さ105g(電池含む)で、Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンやタブレットPCと連動させて録音開始/停止などの操作を手元から簡単に行なえる。話者との距離が離れざるを得ないような使用条件でも、スマートフォンで遠隔操作し、クリアな録音を行なえる。本体に表示されるQRコードをスマートフォンやタブレットPCのカメラで読み込むことで、Wi-Fiの接続認証を行なえるほか、スマートフォンをコントロールする専用アプリ「Olympus Audio Controller」を、App Store(iOS)/Google Play(Android)から無償で取得できる。

 スマートフォンなどのカメラ機能で撮影した写真を、録音データにインデックスマークとして記録できる“Visual Index”機能を搭載している。録音中の重要な場面をスマートフォンで撮影し、「Olympus Audio Controller」のタイムライン上に撮影した画像のサムネイルを表示でき、時系列で音声と画像がリンクし視覚的にチェックできるため、検索性に優れた資料性の高い記録として残せる。

 表示部には操作状況を分かりやすく表示する2インチカラー液晶を採用し、モードや動作状態を色分けして表示でき、視認性が向上している。ホーム画面にはアイコン式GUI(グラフィカルユーザインターフェース)を採用し、本体の十字ボタンと位置関係を合わせたことで、より直感的に操作できる。また、S/N比を向上させた低ノイズ設計のステレオマイクを搭載し、90度の角度でV型にボディに配置する構造を採用したことで、自然な拡がりとクリアなステレオ感を達成している。リニアPCM録音など、用途に合わせた高音質録音も行なえるほか、新しい指向特性制御技術を使用して、マイクの指向性を10段階から調整できるズームマイクモードも備え、録音する環境に適した特性を選択できる。

 4GBのメモリを本体に内蔵し、リニアPCMモードで約5時間、長時間録音モード(WMAモノラル)で約850時間録音できるほか、64GBまで対応するSDカードスロットを搭載している。


出荷日・発売日 2013年12月6日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052204


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > その他オフィス機器関連 > その他オフィス機器関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ