ぷらっとホーム、マイクロサーバにM2Mゲートウェイソフトを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ぷらっとホーム、マイクロサーバにM2Mゲートウェイソフトを追加


掲載日:2013/11/28


News

 ぷらっとホーム株式会社は、Linuxマイクロサーバ「OpenBlocks」のM2Mゲートウェイオプションに、コムツァイト製のM2Mゲートウェイソフトウェアを正規オプションとして追加する。

 コムツァイトのM2Mゲートウェイソフトウェアは、M2Mやセンサネットワークに使用される様々なプロトコルに対応し、通信を行なえるソフトウェア。M2Mゲートウェイソフトウェアオプションを「OpenBlocks」で使用することで、従来はプロトコルが異なるために接続できなかった各種センサデバイスと、中央の各種クラウドサービスの間のデータ通信を行なえ、多拠点に散在するM2Mやセンサネットワークを使用した、ビッグデータの時系列利用を図れるほか、セキュリティを保ちながら、現場のゲートウェイに接続されている各種機器(モータやスイッチ、PLCなど)を制御する“インターネット越しのPush制御”を容易にコストを抑えて行なえる。

 大きく2つのコンポーネント「25.XGW」「25.EMS」で構成されている。「25.XGW」は、ゲートウェイ側のソフトウェアコンポーネントで、「OpenBlocks」に内蔵することで、M2Mやセンサネットワークに使用される様々な計測機器で発生するデータのプロトコルを変換し、各種センサデバイスと中央の各種クラウドシステム間のデータ通信を行なえる。

 「25.EMS」は、「25.XGW」に対応し、パブリッククラウドやプライベートクラウドなどのクラウドセンタ側にソフトウェアを導入するプラットフォーム。内部に非定型時系列DBを備え、拠点側の「25.XGW」と連係することで、拠点側のデータを安全に収集・蓄積・管理できる。既存のOracleやMicrosoft SQL Serverなどの構造化型DBソフトウェアや、ビッグデータ処理のPI Systemといった商用ソフトウェア、オープンソースのHadoopなどのKVS形式のストレージにも対応し、センサネットワークから大量に発生するビッグデータを時系列で集配信・蓄積・可視化できる。

 Amazon Web Services/Windows Azureなどのパブリッククラウドや、Hyper-V/VMwareなどのプライベートクラウド、Linux/Windowsなどのオンプレミスサーバへの導入にも対応している。また、「OpenBlocks A7」で「25.EMS」を利用することで、ビルなどの電力監視や、福祉施設などの見守り監視、サーバ監視といったセンサネットネットワークを容易に構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

モバイルパフォーマンス最適化に関するアンケート 【アカマイ・テクノロジーズ】 先端研究を支えるネットワークをケーブルから構築した、沖縄科学技術大学院大学 【パンドウイットコーポレーション】
その他ネットワーク関連 その他ネットワーク関連
ギフト券が当たる★モバイルパフォーマンス最適化に関するアンケート最適化に関するアンケート 沖縄科学技術大学院大学は、高速で安定したネットワークを求め、最新のネットワーク性能である40/100Gbpsへの増強を実施。重視したのは物理ネットワークの質だった。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052189


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ