富士通、スパコン「京」でHPCチャレンジ賞クラス1、2を受賞

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、スパコン「京」でHPCチャレンジ賞クラス1、2を受賞


掲載日:2013/11/27


News

 富士通株式会社は、独立行政法人理化学研究所(理研)と国立大学法人筑波大学が共同開発したスーパーコンピュータ用並列言語“XcalableMP”による実装が、スーパーコンピュータ「京」で測定した結果により、プログラミング言語の総合的な性能を評価する“HPCチャレンジ賞クラス2”を受賞したと発表した。

 また、富士通、理研及び筑波大学は、「京」で測定した、スーパーコンピュータの総合的な性能を評価するHPCチャレンジベンチマークの実測結果により、2013年“HPCチャレンジ賞クラス1”の4部門中3部門で1位を獲得したという。1位を獲得したのは、Global HPL(大規模な連立1次方程式を解く演算速度)、EP STREAM(Triad)per system(多重負荷時のメモリアクセス速度)、Global FFT(高速フーリエ変換の総合性能)の3部門になっている。「京」は“HPCチャレンジ賞クラス1”を2011年より今年2013年まで3年連続1位を獲得しているという。米国デンバーで開催中のHPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング:高性能計算技術)に関する国際会議“SC13”で21日に発表されたと伝えている。

 HPCチャレンジベンチマークは、科学技術計算で多用される計算パターンから抽出した28項目の処理性能によって、スーパーコンピュータの総合的な性能を多角的に評価するベンチマークプログラム。ベンチマーク性能値を競うクラス1とプログラミング言語の実装における生産性の高さを競うクラス2があるという。

 今回の“HPCチャレンジ賞クラス2”は、HPCアプリケーションを作成するプログラミング言語を対象としたコンテストだという。同賞は、上記28項目のうち、上記4部門のHPCチャレンジベンチマークの実装に対して、プログラミング言語の生産性と性能の両方を評価するものだとしている。また、HPCチャレンジベンチマーク以外にベンチマークを最大2つまで任意に追加可能であり、追加したベンチマークを含めた実装に対する総合評価によって受賞が決定されるという。

 実装を行なったベンチマークは、HPCチャレンジベンチマークと姫野ベンチマークで、これらすべてのベンチマークについて「京」を用いて性能評価を行なった結果、“XcalableMP”による実装が高い性能を発揮することを示したとしている。



「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

メールが確実に届く「4つのノウハウ」、一斉配信の運用負荷を軽減する秘訣 【ユミルリンク】 コンタクトセンターの有人チャット応対を6割削減、AIでFAQ利用を活発化 【NTTコミュニケーションズ】 機械学習やAIのニーズで変わる企業のサーバ選び、何がポイント? 【デル株式会社】 これからのデータセンターに、サーバの運用とセキュリティの自動化が必須な理由 【デル株式会社】 “ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
電子メール コールセンター/CTI ブレードサーバ サーバー管理 PCサーバ
メールが確実に届く「4つのノウハウ」、一斉配信の運用負荷を軽減する秘訣 コンタクトセンターの有人チャット応対を6割削減、AIでFAQ利用を活発化 機械学習やAIのニーズで変わる企業のサーバ選び、何がポイント? これからのデータセンターに、サーバの運用とセキュリティの自動化が必須な理由 “ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052145



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ