採用:北日本銀行、インテックの地域金融機関向けサービスを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:北日本銀行、インテックの地域金融機関向けサービスを採用


掲載日:2013/11/26


News

 株式会社インテックは、株式会社北日本銀行が、地域金融機関向けサービス「F3クラウド CRMサービス」の採用を決定したことを発表した。

 「F3クラウド CRMサービス」は、金融機関に求められる顧客管理、行動管理、実績管理などを支援する「F3 CRMシステム」を拡張した、コミュニティークラウド型の金融機関向けCRMサービス。

 北日本銀行では、顧客との長期的なリレーションシップの確立や、質の高い対面渉外の確立を目指す一方で、設備投資やシステム運用に係る経費の圧縮も課題だったという。CRMシステムの導入検討にあたり、インテックの金融機関業務ノウハウや導入実績、ネットワーク事業やアウトソーシング事業の実績が評価され、同サービスの採用を決定したとしている。

 同サービスは、2014年2月、北日本銀行へのサービスインから販売を開始するという。月額課金制のクラウドサービスとして利用できるため、企業における設備投資やシステム運用要員を削減でき、また、インテックの導入型のCRMシステムに比べて、半分程度の期間でシステムを利用できるようになるとしている。

 運用基盤として「インテック富山DC」を使用し、金融機関特有の高セキュリティ要件に応えると伝えている。また、データ連携のプラットフォームとしてインフォマティカ・ジャパン株式会社が提供する「Informatica Power Center」を採用し、新しいETLテクノロジーを活用することによって、実データの棚卸し(プロファイリング)から連携全体の可視化(メタデータ管理)をすることで、変換処理の開発効率化を可能にし、自社内のサブシステムのデータを円滑に取り込めるようにしている。

 同サービスは今後、金融機関を支援する、フロントコンプライアンス対応、地図情報連携、イベントベースドマーケティングなどの業務機能を順次拡大していく計画だと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 【SAS Institute Japan】 不動産仲介業の顧客コミュニケーションを変える「ダイレクトメール」活用法 【ピツニーボウズジャパン】 全銀TCP/IPアダプタ BroadZT 【システム・エンジニアリング・サービス】 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 【ピツニーボウズジャパン】 「IFRS9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは 【SAS Institute Japan】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
先進事例で知る「IFRS 9」移行がもたらす幾つもの課題と解決すべき最優先事項 不動産仲介業の顧客コミュニケーションを変える「ダイレクトメール」活用法 全銀ベーシック手順から全銀TCP/IP手順への移行、対外接続ネットワークのIP化を実現するレガシーシステム連携ソリューション。短期間での移行が可能。 誤発送の許されない健康診断結果、佐賀県産業医学協会は自動化でリスクを解消 「IFRS 9」コンプライアンスを実現するために必要な8ステップ+αとは

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052112


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ