富士通、UXに優れたWebアプリを作成できるフレームワークを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、UXに優れたWebアプリを作成できるフレームワークを出荷


掲載日:2013/11/26


News

 富士通株式会社は、アプリケーションフレームワーク「INTARFRM」の製品体系に、「Enterprise Edition」を追加し、PCに加えタブレットでも実行できるユーザエクスペリエンス(UX)に優れたWebアプリケーションを作成できるフロントエンド(画面処理)のアプリケーションフレームワーク「FUJITSU Software INTARFRM Enterprise Edition RIA Java Ajax V4」の出荷を12月に開始する。

 「Enterprise Edition」では、フロントエンドとバックエンド(業務処理)を分離することで、変化するフロントエンド技術への追従や、バックエンド資産の長寿命化を重視している。今回出荷される「FUJITSU Software INTARFRM Enterprise Edition RIA Java Ajax V4」は、開発支援機能“INTARFRM Development Facility Enterprise Edition RIA Java Ajax V4”と、実行機能の“INTARFRM Runtime Enterprise Edition RIA Java Ajax V4”で構成され、HTML5やjQueryに対応し、操作性や表現力に優れたWebアプリケーションを開発・実行するための機能を提供する。また、画面遷移・画面レイアウト・画面項目属性など仕様変更が多い情報を定義ファイルで管理する仕組みも提供され、保守性が向上することで、フロントエンド環境に短期間で対応できる。

 使用頻度の高い画面部品が標準で提供される。HTML画面部品のテキストボックスやラジオボタンなどに加え、タブやツールチップ(吹き出し)、アコーディオンなどのグラフィカルな部品も用意されている。また、UXの高い画面要件がある場合は、jQueryプラグインを利用でき、jQueryプラグインとの連携機能や、連携するためのノウハウが提供される。入力補助機能も提供され、IME自動切替・入力制限・自動フォーマット・ファンクションキー割り当てなどの機能を使用することで、入力ミスの軽減、高速入力を図れる。

 同製品を利用して開発したシステムは、画面処理・制御処理・業務処理が分離され、整理された構造になり、保守効率の向上を図れる。開発支援機能を利用することで、画面部品の処理をJavaで開発でき、短納期で高品質なシステム開発を図れる。HTML5の機能を利用して、オフライン運用できるアプリケーションの開発にも対応し、開発量の削減を図れる。また、クライアント端末にログを出力する機能や、クライアントのログをサーバにアップロードする機能、ログビューアーも提供され、トラブル調査を効率的に行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

モバイルアプリ開発/運用プラットフォーム 『AppPot』 【NCデザイン&コンサルティング】 Ethereumも自在に展開、Azure活用で迅速なブロックチェーン開発 【日本マイクロソフト】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 Visual Studio用開発支援ツール ComponentOne Studio 【グレープシティ】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
企業向けモバイルアプリ開発を支援するプラットフォーム。アプリごとのサーバーサイドの開発が不要になり、開発工数を30%〜70%削減できる。 Azureでブロックチェーン開発、スマートコントラクト基盤も迅速・低コスト展開 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Visual Studioで利用する複数のコンポーネントを搭載、多様なプラットフォームで利用可能なオールインワン開発支援ツール。
年3回の機能更新で、常に最新の開発環境を提供。
クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20052098


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ